プロスペクト 選手紹介

英国のプロスペクト

投稿日:

タグ: ,

最近活況の英国ボクシング界で日本人もよくお世話になっている。アンソニー・ジョシュアやカール・プランプトンなんかを筆頭に人気選手が多い。
その人気を下支えしこれからスターになりそうな選手を紹介。
ジョシュ・ケリー
ウェルター級
顔良し、階級良し、スタイル良しでスターの要素が揃った英国人
ナージーム・ハメドを彷彿とさせるローガードで見てる分には楽しいスタイルだ。
アマチュアでは国際大会では結果は残せていないが、トレーナーのアダム・ブースは彼は今まで教えた中で最高の才能だと言う。
エロール・スペンスJrやショーン・ポーター相手にはフィジカルでゴリゴリ削られそうだが、サーマンやガルシアなら高度な技術戦になるかもしれない。
いずれにしてもトップクラスには負けるだろう。特にスペンスに相手だとko負けが妥当な予想かなあ。
顔が良いからモデルとかそっちでも人気を集めそうだし、女性人気という面では凄まじい可能性を秘めている。
ブースは過去にデビッド・ヘイなどを指導していた。

アンソニー・ヤーデ
ライト・ヘビー級
ムキムキの黒人でショルダーロールを駆使する見た目によらずどちらかと言うと技巧派かなあ。
でも瞬間的な踏み込みは早いしアスリートとしての能力が高い。この階級のロシア勢に勝てるとは思えないけどいいアクセントにはなひりそうだ。ロシア勢が攻撃の比率が7:3ならこいつは5:5くらいでしっかり守りにも気を配っている。

まだいるので追って紹介します

-プロスペクト, 選手紹介
-,

Copyright© toe-to-toe , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.