スポンサーリンク

2017年末ボクシング情報

NEWS
スポンサーリンク

注目度順
WBA王者 田口 良一  vs IBF王者ミラン・メリンド(フィリピン)
田口王者は積極的で本当にボクシングで評価されたいんでしょうね。
王者のメリンドは八重樫東を1ラウンドでKOしている実力者。
戦績は39戦37勝13KO2敗でKOこそ少ないけど非力なわけではなく十分危険な相手だ。
田口は打たれ強くて井上でも倒せなかったくらいだからメリンドでは倒せないでしょう。理想はどんどん手数で勝負、後半ボディで倒したい所だけどパンチの無い田口だから期待は薄い。ただ本当に倒すことを前提にボクシングを構築しているんで好感が持てる。内山先輩に強烈パンチを伝授されていると期待して10ラウンドKO予想。

WBO王者井上尚弥 vs ヨアン・ボワイヨ
まあ消化試合でしょう。相手のボワイヨは修行のためアルゼンチンでもキャリアを積んでいるようだからヨーロピアンスタイル+南米スタイルなんだそうです。
前半KOを予想。
スカッと倒して来年へつないでください。

WBO王者木村翔 vs 五十嵐俊幸
木村はゾウ・シミンを倒したことで中国では大変な知名度がある様でなんと向こうでドキュメンタリーまで作られている。
こんど探して載せますが、非常に好感の持てる男です。敵地で王座をダッシュした強さを見せてほしい所。

五十嵐は元王者ってことで実力はあるけど、負傷が多すぎて今回もそうなると予想。
負傷判定で五十嵐が返り咲き。
殆ど知名度の無い日本人対決で誰も注目してないだろうからここで名前を売れたらいいよね

京口紘人 vs カルロス・ブイトラゴ
挑戦者のブライトラゴは知らん。ローマン・ゴンザレスと同郷で同チーム所属で32選28勝16KO2敗1分け。
うーんミニマムだしあんまり興味が無い。京口はこの階級はさっさと卒業してしまった方が良い。ろくな相手がいないし全体的なレベルが低いから評価されない。稼げない。
同じロマゴン好きでも比嘉とはスピード、パワー、スタミナが全然違う。お手本が同じでもかなり差がある。

拳四朗 vs ヒルベルト・ペドロサ
ヒルベルト・ペドロサは18勝(8KO)3敗2分。
体格差もあるし今回は普通にKOしてくれそうに思う。といってもあまり興味は無い。なんかかわいい系で売ってるのか知らんけど止めた方が良い。かわいくないし弱そうに見える。嫌悪感がすごい。普通にボクシングしよう。

コメント

  1. Very informative article.Really looking forward to read more. Will read on…