プロスペクト 選手紹介

ボクシング プロスペクト スパーフェザー級

こんだけ階級あると大変です。でもヘビー級まで頑張ります。

この階級からタレント揃いで王者も強いですから、当然プロスペクトのレベルも上がります。
フェザー級くらいまでは何となく入れた選手もいますが、この辺からはガチです。面白いので是非見てください。

エドゥアルド・エルナンデス

25勝21KO3分
メキシコ
20歳

アッパー、フックが達者で上下左右に打ち分けられます。KOが多い理由でしょう。
時々きわどいのもありますが、守りも達者です。
何より20歳です。時間はたっぷりありますので今後が楽しみな選手です。

シャフカズホン・ラヒモフ

11戦全勝8KO
タジキスタン
23歳
長身で技巧のあるサウスポーです。
足を使いますがパンチも申し分なく下手に戦うと倒されますねこれは。厄介なスタイルです。
タジキスタン、ウズベキスタン、カザフスタンのトップアマはヤバいの一言に尽きます。
軽量級制圧は時間の問題かもしれません。
この階級の王者たちは手強いですので、もう少し時間が必要だとおもいますが、日本の尾川や伊藤は彼に勝てるでしょうか。
https://www.ok.ru/video/335271496360

クリストファー・ディアス

22戦全勝14KO
キューバ
23歳
キューバらしくフットワークは優れています。パワー、スピード、テクニック申し分なし。
パフォーマンスだけで判断するとロマチェンコ以外なら、今すぐにでも王者と勝負になりそうな選手です。
そろそろテストだと思いますが、クリアして第一線まで浮上してくるでしょう。

ムハマドゥクハ・ヤクボフ

10戦全勝7KO
22歳
タジキスタン

いやあ読みにくいそもそもあってるかも分からない。
またもタジキスタンから。
力強いサウスポーでアマチュアっぽいというのかな?ライトヘビー級王者のドミトリー・ビボルの様にステップを前後に踏んでリズムを作る場面が多いです。
日本人の市川大樹と言う選手に買っています。
三迫ジムの小原がトロヤノフスキーと戦ったときのつながりで、ロシアにはパイプがあります。
日本人との対戦が増えています。
市川大樹

やっぱり中央アジアは、ヤバい。他の階級でも共通しますが、踏み込みに躊躇が無い…国民性なのかイカれた奴しかこのスポーツでは上にいけないのか。
メキシコもそうだけど、治安が悪いとそうならざるを得ないのかもしれません。

エリック デ リオン

17戦全勝10KO
25歳
メキシコ生まれアメリカ育ち
ボクシングもファイトも出来るサウスポー。こいつもイカれた踏み込みができます。
ロバート・ガルシアの元修行しています。人気のでるスタイルですよ。

ジョン・フェルナンデス

14勝12KO
22歳
スペイン
スペイン国籍は機長ですね。
この階級では180cmあり長身で体格を活かしたボクシングをするテクニシャンです。
なめらかにゆっくり大きく動きますので上記の選手ほどインパクトはありませんが、この体格です。
攻防一体でパンチもあるますし、カウンターも得意で<強力なのを持っています。

ライアン・ガルシア

13戦12KO
19歳
アメリカ
オスカー・デラホーヤに期待された選手です。
178cmの長身で顔よしスタイルよしのスター候補、というより成功を約束されている選手です。
上記の誰かが打ち破ってほしいですね。僕は作られるスターより国籍などのバックボーンを持たない拳だけでのし上がっていく選手を応援します。

ロマチェンコ意外なら直ぐにでもタイトル挑戦出来そうな選手ばかりでした。
日本の尾川はヤバい階級にいますね。

-プロスペクト, 選手紹介
-, , , , , , ,

Copyright© toe-to-toe , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.