観戦記録

技対力勝つのはどっちだ? クルーザー級統一戦 オレクサンドル・ウシクvsマイリス・ブリエディス

ウシクはいつも以上にジャブを使いブリエディスを近づけないぞという意思を感じる立ち上がり。

対するブリエディスは動きは少ないものの、軽く当てたジャブでウシクの表情が変える。ヘビー級を失神させるパンチは伊達じゃなさそうです。

2ラウンド以降はアクションの多い試合になりました。これはWSBトーナメントは人気出るんじゃないかな、と思わせる素晴らしい試合でした。
ウシクは徹底して距離を管理し、ブリエディスは近づいてボディー攻撃。
見ていてわかりやすい試合でした。

ウシクは離れていると足が相当動きますが、相手に接近されると意外と簡単に足が止まってガードを固めるのでそこはチャンスになるかもしれません。
とはいえ隙は殆どなく、この攻撃のボリュームには驚かされました。
しかし残念ながらダメージを与えるようなパンチがありません。
ブリエディスの守りもありますが、もう少し力を込めて打ち込むシーンも見たいですね。

ブリエディスはうるさく突かれるジャブとムーブメントになかなか的を絞れず。
ウシクの様に軽いパンチで組み立てると相手の足は止めやすいですが、相手がウシクであることとブリエディスはパワーパンチの練習が多いのでしょう。偶然出ることはあってもで意図的に使われることはありませんでした。

同じ量のパンチを出していてもウシクの方が脇を締めて力を抜きロスが少ないため、中盤以降はスタミナ面でも差がでてきました。

オレクサンドル・ウシクがWBC、WBO統一王者に輝きました。

ウシク強いですね。優勝すると思いますね。この動きに突いてこれるクルーザーはいないと思いますので、ヘビー級のパワーにこの動きが通用するか楽しみになりました。

-観戦記録
-, ,

Copyright© toe-to-toe , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.