観戦記録

今週。ドルティコスvsガシエフ | ヒルベルト・ラミレス、アンカハス登場

ドルティコス
ガシエフにはチャンピオンはどんなものか、そして今までに体験したことのないチャレンジを与える。
彼のベルトを奪う。言いかえるなら彼は私の新しい犠牲者だ。この階級で最強を証明するためにハードワークしている。
自分がベストだと思っている。世界中のファンに「KOドクター」をもう一度見せられるのを楽しみにしているよ

確かドルティコスはアマチュア時代にライトヘビー級王者のアーサー・ベテルビエフにノックアウトされています。

探してきました ベテルビエフvsドルティコス

ガシエフのパンチはベテルビエフ以上に強烈なので、食えばその瞬間に試合は終わるでしょう。
しかしガシエフはガードを固めて相手のパンチを受け止めていきますので、ドルティコスの攻撃を上手く吸収できるか、がこの試合の鍵です。
ガシエフがドルティコスの攻撃で止まらないようならガシエフはワンパンチで試合を決めるでしょう。
逆にドルティコスの連打に手を焼き、防御に手を追われるようだと、どんどん削られて中盤辺りにガシエフの限界が来そうです。

ガシエフはクドリャショフより守りも固く打たれ強そうですが、ドルティコスの良いところはそんなことお構い無しでどんどんパンチを繰り出して行くとです。真に攻撃は最大の防御。

ドルティコス

ガシエフ

ヒルベルト・ラミレスvsハビブ・アメド

ラミレスはスター候補の若い王者ですが、まだテストされていなません。
サイズを活かしたボクシングもファイトもできるメキシカンスタイルです。
挑戦者のアメドは無敗ですが、ガーナでキャリアを積んでいるため映像も確認できません。
恐らくラミレスの敵ではないでしょう。
なのでWBSSトーナメントにかなり劣る試合になると思います。
今年はWBSS優勝者との試合に進んでほしいですね。

vsカネロ スパーリング

ジェルウィン・アンカハスvsイスラエル・ゴンザレス

ネクストパッキャオを期待されるハンカハスの試合がアンダーカードで組まれています。
トップランクとの契約初戦ですので、圧倒的なパフォーマンスが期待されます。
アンカハスはここまで15連勝14KOと強打に磨きをかけてきました。
ゴンザレスは21勝(8KO)1敗です。
KO率が示すとおりパワー差は明白です。
文字通りアンカハスのお披露目のための試合です。

期待するのはやはりシーサケットvsエストラーダの勝者との対決。
ジェイミー・コンラン戦では破格の強打に見えましたが、コンランが弱いのです。
シーサケットやエストラーダのような相手に対しても破壊的なのかテストされてません。
井上尚弥も同じ状況です。
この階級はタイ、フィリピン、日本とアジア人が活躍していますね。
どんどん出ていって欲しいです。

アンカハス
アメリカの観客の前で試合ができることが夢でした。
そしてその機会に恵まれました。
衝撃を与え続けます。
アメリカのファイトファンにこの数戦で更に強くなった私の試合を見てほしい。

-観戦記録
-, , , , , ,

Copyright© toe-to-toe , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.