NEWS

アーサー・ベテルビエフvsマーカス・ブラウン

IBFはベテルビエフにブラウンとの防衛戦を指令しました。

可哀想なライトヘビー級のトップコンテンダー

ライトヘビー級の選手はなんだか可哀想です。
WBCのスティーブンソンは試合をそもそも受けてくれませんし、他のロシア人王者達の強さが半端ではありません。
今回ブラウンとの対戦を司令されたベテルビエフ、コバレフ、ビボル。
こんなに強い王者ばかりが並ぶ階級がありますかね?
揃いも揃って強烈なパンチャーで戦えば無事には済まされません。

ブラウンの実力は

雑魚で積み上げてきたキャリアで、挑戦者に値するか微妙ですが、パフォーマンスは素晴らしく、どんどん良くなっています。

共通の対戦相手に元王者ガブリエル・カンピーリョがいますが、ベテルビエフは4ラウンド、ブラウンは1ラウンドで瞬殺しています。
もちろんカンピーリョはコバレフにも完膚なきまでに叩きのめされポンコツ化していましたので、単純比較は出来ません。

ですがブラウンはシャープです。
名前は忘れたんですけど、ジャニーマン相手にダウンを奪われ辛勝してから、年々鋭さを増しています。

見た目も対照的で線の細いブラウンとまるで岩のようなベテルビエフで全然違います。

アマチュアやプロでの実績を考えるとベテルビエフ有利だお思いますかが、ブラウンにも十分にチャンスがあると思います。

ブラウンは相手が打たれながらもパンチを降ってくるようなタイプには弱そうなので、ベテルビエフがブラウンの細い体を鉛筆でもへし折るかの様にぐしゃりと押しつぶしてしまいそうな気もします。

コバレフvsブラウン、コバレフvsヤーデ

ブラウンはWBOの1位でもありますので、その場合はコバレフということになります。
コバレフはスタミナとボディー攻撃の弱点をウォードに暴かれていますので、得体のしれないベテルビエフよりはこっちを選ぶかもしれません。

vsカンピーリョ

ブラウンがベテルビエフを選んだ場合、プロスペクトとして紹介したアンソニー・ヤーデがコバレフに挑戦できる位置に来ます。
こっちも面白そうな試合です。
ムキムキで如何にも強そうなヤーデでKOの山を築いており、パフォーマンスは素晴らしいですが、強豪との対戦経験がありません。

うーんどうなるだろう。
いきなりコバレフは無理がありますよね。

統一戦の気配もありますので、目が離せない階級になってきました。

ライトヘビー級はロシア人の物

この階級は意外にも激戦でロシア勢の活躍が目立ちますから、アメリカ人のブラウンに風穴を開けてもらいたいです。

ビボル、ベテルビエフ、コバレフ。
4人中3人がロシア。
そして頭一つ抜けていると感じています。
この3人のなかから更に一つ抜け出すのは誰になるでしょうか?

コバレフのエグいパンチもベテルビエフのワンインチパンチも好きですが、私はやっぱり若いビボルに期待しています。

将来的にはこの3人のなかの誰かに統一してもらってアンドレ・ウォードを引きずりだし、ボッコボコにしてあのボクシングが金輪際この世に出現しないように、将来の芽を摘んでほしいと思います。

将来のチャンピオンがYouTubeであの試合を観て、真似されたら堪りません。

-NEWS
-, , ,

Copyright© toe-to-toe , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.