プロスペクト 観戦記録 選手紹介

負けは最大の糧 ベルデホvsロザダ

投稿日:

タグ: ,

負けから何を学ぶ

スタイルチェンジとパンチの改善


観客席からの盗撮ですね。

ロザダは大きな体格でベルデホのパンチを吸収しながら前進し続けベルデホのミスを誘いました。
ベルデホの左右の動きはいいですが、ロザダの前進を止めるようなパンチは無く、難なく何度も打ち込まれます。

ベルデホのパンチは結構モーションが大きくて前から気になっていました。
身体能力で補っていましたが、ある程度脇を締めて打ち合えるロザダのような選手相手だと打ち込まれるタイミングを作ってしまいます。

負けはしましたが、カウンターのタイミングなんかは素晴らしいので微調整するだけで浮上できると思います。
ベルデホがここから何を学び、何を得るのかが今後の彼のキャリアにおいては重要です。
負けた意味を噛み締めてさらなる高みを目指して欲しい選手です。

パンチの打ち方は大きな修正が必要かもしれません。
気になります。
因みにアマチュアではロマチェンコとの対戦経験があります。

-プロスペクト, 観戦記録, 選手紹介
-,

Copyright© toe-to-toe , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.