NEWS スケジュール

ドネア 最後の閃光 | ミドル級の運命を握るチャーロ

聞き飽きた話題ばかりで情報集めるのもうんざりしてる今日この頃ですが、今週以降は楽しみな試合がかなりあります。

注目試合がオンパレード

まずは今週

ノニト・ドネアvsカール・プランプトン

オスカー・バルデスへの挑戦権を賭けて戦います。
バルデスがクイッグに顎を折られたので、直ぐにと言う訳には行きませんが指定席を確保できます。

正直に言うと35歳のドネアに全盛期のキレはありません。
それでもドネアにとっては最後のタイトルへのアタックです。
軽量級の功労者ドネアの最後を見届けましょう。

ジャーモル・チャーロvsウーゴ・センテノJr

私のお気に入りチャーロも登場します。
前回足を怪我したトコトコ歩きの相手に4ラウンドかかるという体たらくを晒したチャーロ、今度はすかっとお願いします。

対するセンテノは全勝のアリームを左フックを一閃で失神させました。
雑魚ではありませんがとびきりの選手でもありません。
チャーロのミドル級での試金石となる試合です。
センテノに手こずる様ならゴロフキンは厳しいでしょう。
逆に圧倒するようならミドル級に新たな勢力の誕生です。

ジャーボンテイ・デービスvsヘスス・クエジャール

デービスはエイドリアン・ブローナーとダブります。才能はピカイチでロマチェンコよりエキサイティングな選手ですが今流行りの体重超過など平気でやってきます。
才能に溺れる前に何とかしてほしい。

おいメイウェザー、しっかり躾けろ。

エイドリアン・ブローナーvsジェシー・バルガス

バルデスはWBOスーパーウェルター級王者のサダム・アリをKOしてウェルター級王者になりましたが、その後直ぐにパッキャオに奪われました。
なのでウェルター級での実力はそこそこ。

ブローナーは才能溢れますが、私生活の崩壊につられてボクシングキャリアも崩壊しつつあります。
ガルシアに前回負けており、この試合に負ければ連敗となり窮地に立たされます。
言動がぶっ壊れていて面白いので起用されていますが、そのうち使い捨てにされそうです。

才能に溺れる典型的な選手で、もしかするともう手遅れ沈みきってるかもしれません。

ゾラニ・テテvsオマール・ナルバエス

井上が階級を上げたことにより注目を集めたテテと井上に完膚無きまでに叩きのめされたナルバエスの対戦。
間接的に井上の力が図れますね。

今やナルバエスが井上との試合直後にグローブに何か仕込んでいるんじゃないかと抗議したことが、井上の怪物性に華を添えています。

-NEWS, スケジュール
-, , , , , , , ,

Copyright© toe-to-toe , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.