プロスペクト 観戦記録

ショージャホン・エルガジェフvsジミン・ワン

コツコツワンと一発狙いのエルガシェフ

細かい組み立てを省略して飛び込んでの左を狙うエルガシェフ。
勿論そんなものは相手に読まれてしまい、当たらない。

ワンが下がりながらある程度距離を取ると左が届かなくなります。
これだけプレッシャーをかけて左を振りかぶっていると威圧感はありますが、逆に相手が守りに徹してしまい、クリーンヒットが奪えない、初回。

2ラウンド以降は軽いパンチで組み立てワンの動きを止めようとします。が、直ぐに忘れて前の展開へ。

ワンは2ラウンドからエルガシェフの大振りを躱しながらプレッシャーをかけられるようになりました。
見切られるの早いですね。
ワンは右のパンチを効果的に使い軽いですが何度もエルガシェフの顔を跳ね上げます。

次第にエルガシェフの手が出なくなり出し、空振りも多い。
左のボディーブローは効果的に見えますが、頻度が少なくワンは我慢できます。

右のパンチに課題

ジャブや右のフックがなく、左を準備するための前置き的な使い方しかありませんでした。
得意のワンパターンが防がれるといつもの迫力は失われますね。

タレント揃いのこの階級でこのスタイルでは壁にぶち当たるでしょうね。

-プロスペクト, 観戦記録
-, ,

Copyright© toe-to-toe , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.