観戦記録 選手紹介

スピードvsパワー ラッセルvsディアス

ラッセル調子に乗ると手がつけられない

ラッセルはいつもどおりで速いコンボとカウンターでやや下りながらの戦います。


ディアスはラッセルの速いパンチを避けようとはせずガードを固めて前進していきます。下手で愚直に見えますが本来上手い選手で、今回はラッセルのスピードに対抗する為の戦い方なんでしょう。
下手に避け損なってまともに食うより上半身をカバーリングアップして致命打を避けようといった戦い方です。

ラッセルは最初の内はこの前進に嫌そうな表情を見せていましたが、直ぐに対処し、宣言通りの対応力を見せました。

ディアスは気迫溢れるファイトで一歩も退かずに見事でしたが、相手が悪かった。
ラッセルのボクシングに屈しました。

負けましたがディアスはまだ若いですし、十分な力があります。
この経験を糧として強い王者になれると思います。

現役屈指のスピード狂

vsロマチェンコではロマチェンコはラッセルをがロマチェンコの動きを見てくれた、先手を取られたくなかった、助かったと言っていました。

やっぱりこのレベルのスピードはどんな選手であっても脅威ですよね。
勇利アルバチャコフも言っていました。パンチのある選手には対処できる。本当にやばいのは反応できない速い相手だと。

現役だとラッセルと比較になる速さはリナレス、カーン、ベスピューティン(無名ですが、ずっとお気に入りなんで入れさせてもらいました、彼は要チェックです)くらいですかね。
イエレウシノフや井上にも彼らに負けないスピードがありますので楽しみです。

-観戦記録, 選手紹介
-, ,

Copyright© toe-to-toe , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.