スポンサーリンク

ウズベキスタンのファズリディン・ガイブナザロフ

プロスペクト
スポンサーリンク

暇なので今週試合のラミレスについて調べていると面白い選手を見つけました。
まずはラミレスですが、

アマチュア時代ライト級でアメリカのナショナルチャンピオンに輝き、世界選手権でロマチェンコと戦い負けています。
その後にもう一度国内のアマチュアをを制してリオオリンピックに出場するもまたも2回戦負け。
2回戦が壁のようです。

この時ウズベキスタンのファズリディン・ガイブナザロフに負けています(彼はリオの金メダルでライト級でプロへ転向しています)。

ガイブナザロフ
4勝2KO
ウズベキスタン
27歳
ライト級

アマチュア世界選手権銀メダルとリオの金メダルリストという輝かしい実績があります。

まずは試合の動画を。

Fazliddin Gaibnazarov vs. Agustine Mauras | Highlights

https://m.youtube.com/watch?v=t0iGmyTF2v4&t=378s
速くて上手い。まるで闘牛士てす。
パワーは普通ですね。
体がまだ絞れそうてす。

そしてこの選手もアマチュアでロマチェンコに負けています。
ロマチェンコはやはり誰にとっても高い壁のようです。

Vasyl Lomachenko vs Fazliddin Gaibnazarov – World Boxing Championships Baku 2011, Quarterfinal 60 kg

真ん中くらいからスタートします。
ロマチェンコのスピードと手数に手を焼き、後手に回ります。

ロマチェンコの凄さと世界の広さを実感しました。
でもウズベキスタン、やっぱりこの国籍は聞くだけでゾクゾクします。
プロでロマチェンコにリベンジなるか。

コメント