観戦記録

力vs技 ガシエフvsウシク


予想通りウシクのうるさいジャブと横への動きに手を焼き距離を詰められないガシエフ。

2ラウンドのボディーは効かせましたし、4ラウンドのカウンターもあと少し深ければウシクは倒れていたでしょう。
ウシクが打ち込む瞬間にはガシエフは上回ることができます。
この瞬発力がウシクへの最大の脅威だと思っていましたが、ウシクは今日は最大の注意を払いながら安全運転を実行。
制限速度以下のやや退屈な試合運びを見せます。

ウシクはガード固めて動きの止まるガシエフの脆弱性を悪用し、連打でバランスを崩すだけに留めます。
深追いしません。
連打で何度もガシエフの上体を起こしており、がら空きになったボディーを狙えればKOもあったはずですが、ある意味守りのための攻撃に終始しました。

終盤に入りガシエフは勝利のためにプレッシャーを強めパンチを強振しますが、動きの止まらないウシクの顔面は遠く届きません。
完璧に自慢の強打を封じ込まれました。

ここで一敗しましたが、相手は五輪金メダルで恐らくヘビー級の巨人に対して最大の脅威となるであろうウシクです。
この敗戦は糧となるはずです。

今回ウシクには利用された部分を修正して次に活かしてくれることを期待したいと思います。

-観戦記録
-, ,

Copyright© toe-to-toe , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.