NEWS

コバレフは続けるならベテルビエフ目指して

投稿日:

タグ: ,

コバレフはアルバレスと再戦の権利持ってるみたいなんで再戦に向かうかもしれませんが、コバレフのこのスポーツでの役目は終わったでしょう。
ホプキンスたおして、パスカルも一方的に殴ってた時は無敵感ありましたけど、ウォードにボディーとスタミナ不足を突かれてやられてから様変わりしましたね。
無敵感はどこへやら。
コバレフのパンチを後半までしのげばなんとかなる!っていうのが相手の選手支えてしまいます。
とは言え前半しのぐのが至難の業なんですけど…

初めて見たときははヤバイの出てきたなあ。
脱力してて一見そんなにハードパンチに見えないのに、当たれば相手はグラグラ。
ハンドスピードもあるし、フットワークもいい。
フィニッシュにも甘さがない速攻型で気に入ってました。ウォード初戦ダウン奪った時は「おおおこのまま終わらせちゃうの?あのウォードを瞬殺!?」とか思いましたが、結局後半微妙にウォードに奪われる。
4ラウンドまでは強いですが、それ以降ガクッと落ちます。
疲れると分かりやすくガードが下がる癖もあり、生命線のはずのジャブで体が流れてバランスを崩したりと分かりやすい弱点でした。
疲れると技にも極端に影響して別人です。
彼の強打故に改善の必要性に迫られなかったんでしょうね。

今後はベテルビエフかビボル、ヤーデなど他の選手の踏み台になってください。
アルバレスと再戦ならまた王者になる確率も高くて、そんな風にベルト回すのは良くないので、ベテルビエフに挑戦しましょう。
旬は過ぎましたが、強打対決でファンも納得。
ベテルビエフも望むところでしょう。

-NEWS
-,

Copyright© toe-to-toe , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.