NEWS

スティーブンソンvsグヴォジク ホントかよ

スパムコメント半端じゃない。
対応が追いつかない。

WBCのスライマンがツイートしてて12/1モントリオールということです。
こいつ前にも適当なこと言ってたので信用なりません。と言うかいつらプロモーターになったんだ?

スティーブンソンと言えば指名挑戦者アルバレスから逃げ続けていました。
なのでやるとは思えません。
ジャックの方が小さくて安全です。
WBCには試合を強制する力も意志もない気がします。

グヴォジクはロマチェンコやウシクと同じチームでトレーニングし、ナショナルチーム時代から切磋琢磨してきた階級は違えどライバルでしょう。
そしてグヴォジクだけ置いていかれています。
ウシクはクルーザーのベルトを全て統一し、ロマチェンコは3階級制覇。
pfpに名を連ねるボクシングを代表する存在です。
知名度でも評価でも上をいかれ、悔しい思いをしていることでしょう。
グヴォジクはいつでも準備できているでしょう。
ボクシングの政治的な部分に翻弄されているだけなのです。

ただウシクやロマチェンコと違い盤石とは言えません。トミー・カーペンシー戦はKOで勝ちはしましたが、序盤に強烈なパンチを食いカーペンシーの弱気に助けられなければ負けていたかもしれません。
前回の試合もパットせず。
それにこの階級のビボルとベテルビエフ、アルバレスは無敗の王者で強力。
誰であっても勝つのは至難の業。

しかしコバレフ、ビボルがKOを逃したチレンバをKO(負傷による棄権)しモハメディはコバレフより早くそして派手にKOしています。

アマチュアの成績はライトヘビー級でもトップクラスで、プロでも王者級の実力はあるはです。
スティーブンソンの強打を食わなければきっと勝てます。

スティーブンソンを倒してビボル、ベテルビエフ、アルバレスとの統一戦に期待します。

-NEWS
-, ,

Copyright© toe-to-toe , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.