観戦記録

プランプトンvsジャクソン フェザー級でアピールなるか

投稿日:

タグ: ,

前回のドネアと比較すると格落ち、アメリカでサンタクルスと戦い知名度を上げましたが、単独で試合をできるような人気は獲得できず地元に引きこもりがちです。

スピードを活かして前後のフットワークで圧倒。
相手の攻撃に合わせてバックステップしてパンチは食いません。
ジャクソンはプランプトンのスピードと技術に成すすべなくサンドバッグ。力の差が大きかった。

気になったのはプランプトンはスピードがありボクシング自体は上手いのですが、相手の心を折るような重厚さやパンチ力はありません。
パッと打ってパッと離れるという感じでした。

このスピードでボクシングされるとやり辛く厄介だとは思います。
しかし元々そうですが、この階級では恐怖を与えるようなボクシングではありませんね。
相手に与える恐怖が小さいというのは弱点になります。

清水のパンチと長身ならチャンスあると思います。

-観戦記録
-,

Copyright© toe-to-toe , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.