トレーニング プロスペクト

ショーン・ポーターvsデヴィン・ヘイニー

投稿日:

タグ: ,

本当に練習というスパーリングで強く売ったり熱くなったりせず、自分のやることに集中しています。


ヘイニーは結構荒いスパーリングするみたいですが、ポーターへの敬意なのか畏怖なのか大人しいです。

へイニーは時折いいタイミングで右を当てています。
ポーターは反応できていません。
以前メイウェザーっぽいと書きましたが、この右の使い方なんかもメイウェザーっぽいなあと思います。

ポーターは格下相手に当てられても冷静で怒ったりしません。フットワーク中心の練習。パンチもほとんど使いません。
ポーターが相撲で押し込むと簡単にヘイニーは下がらされます。
やっぱりポーターのフィジカルは強靭です。

日本とは練習の段階で差がつきますね。
能力なら優れた選手はいますが、どうしても普段の練習の差が出てしまいます。
特に重い階級は顕著です。

-トレーニング, プロスペクト
-,

Copyright© toe-to-toe , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.