プロスペクト 選手紹介

しつこさが半端じゃない マシアスvsカブレラ

16勝9KOvs8勝6KO
ビデオは鏡像反転しています。

しつこい、しつこすぎる。
開始直後か突っ込んで行って押し込みます。
パンチはあるように見えませんが、とにかく手を出しつづけます。
離れても磁石のように張り付いて逃しません。

このタイプはほとんど存在せず、対応できません。
慣れていないのです。彼に対抗する知識も持っていなかったでしょう。
これがこのタイプの強み。
カブレラは打ち合いに巻き込まれ身も心も消耗していきます。
一旦は引き離してもコイツは平然と突進してきます。パンチがないのが幸いで、スラッガーなら入り際を狙い近づかれた徹底的にクリンチ、レフェリーが仕切り直したらまた入り際を狙う。
近距離以外で戦えるのはマシアスが突進する短い時間しかありません。

それとも我慢比べでパンチのアドバンテージを活かすか…
何れにしても無傷、きれいに戦うことはできないでしょう。

彼と戦うならパンチ力は必要ですね。なければクリンチの揉み合いに終始するしかなさそう。

-プロスペクト, 選手紹介
-, ,

Copyright© toe-to-toe , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.