ランキング

結局ウェルター級最強は誰なの 勝手にランキング

ポーターvsガルシアの力関係がはっきりしましたが、結局誰が最強なの。と言うことで勝手にランキングしました。

独断と偏見に満ちており、また相性もありますので悪しからず。

ウェルター級ランキング

1位 エロール・スペンス

ウェルター級最大級の体格、パワー、スタミナ、執拗さで相手を押し潰すウェルターのブルドーザー。
ウェルター級で高水準のスピード、パワー、テクニックを誇るのブルックをKOしました。
確かに序盤はブルックのスピードに遅れをとりましたが、凄まじいスタミナと執拗さでブルックを消耗させて終盤にKOしました。
ブルックをKOできるウェルター級は他にいないでしょう。

2位ショーン・ポーター

サーマンに負けましたが現状では再戦すると勝つ確率は高いと思います。
ガルシアに勝利、負けましたがブルック、サーマンに食らいつき追い詰めました。
ポーターの運動量とスピード、揉み合いの強さに対抗できるウェルター級はほとんどいないと思います。

3位テレンス・クロフォード

最強候補でもありますが、ライト級から3階級目であること、圧倒的なパフォーマンスですが、ウェルター級はホーンにしか勝っていないことを考慮しました。
ポーターに勝てそうな気もしますが、ポーターの運動量とスピードに対抗できるかは未知数です。
スペンスを攻略できるのすればこいつか。

4位キース・サーマン

ポーターと直接対決で勝っているチャンピョンですが、ずっと試合をしていないことと練習すらやめたんじゃないかと思っているのでここです。
才能溢れる選手で頭脳的。
相手が強いとスピードを活かしてアウトボクシングする負けにくい戦い方が多くなってきました。
ルイス・コラーゾやポーターにボディーを効かされてあわやという場面もあり完璧な強さではありません。
というか、試合をしろ!って状態です。

5位ダニー・ガルシア

ポーターとサーマンに競り負けています。
スピードとパワー、特に技術は一定の水準を超えていますが、正直な戦い方で突出したものはなくやりやすいスタイルだと思います。
人気があるのでビッグネームとしか戦いませんが、もしかしたら無名の実力者に負けちゃうんじゃない?とも思います。

6位マニー・パッキャオ

ホーンに負けてるっちゃ負けてんですが、過去の遺産でなんとか戦えています。
技術とスピードがあり現役屈指のスラッガーマティセをKOし、健在をアピールしました。
どれだけ力が残されているか分かりませんが、敬意と期待を込めてこの位置です。

7位エギディウス・カバリアウスカス

まだ実力を査定するような相手との試合はありません。
荒々しいですが、エリートアマ仕込の技術とパワー、スピードを備えています。
彼の評価は今後の戦い次第ですが、期待を込めてこの位置。

他にもいますがこの辺でやめておきました。
未知の怪物がいるかもしれませんし、もしかしたら下記の選手の中に未来の怪物がいるかもしれません。

ボクシング プロスペックト ウェルター級

ジャモル・ジェームス 信じがたい体格

迫る脅威 シャクフラム・ギヤソフ

リトアニアの倒し屋 エイマンタス・スタニオニス

プリティー・ボーイ・ケリー ジョシュ・ケリーvsクリス・ジョージ

走れ走れ!スペンスを捉えろ! カザフのイエレウシノフ2戦目

トッププロスペクト ジェイロン・エニス

-ランキング
-, , , , , , ,

Copyright© toe-to-toe , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.