観戦記録

ゴロフキンvsカネロ 因縁は決着へ


この日もゴロフキンは慎重な立ち上がり。
レミュー戦のようにジャブを徹底、超神経質に戦います。
いつよのように横着せず、勤勉に頭の位置を変えフットワークを使い距離をキープしショートパンチを多様します。
カネロのカウンターへのリスペクトを感じます。

カネロは前回同様にスピードのアドバンテージを活かしてカウンターを狙い、前回より速く仕上がっている印象で、警戒するゴロフキンにカウンターを当てます。
スピードを使い瞬間的にゴロフキンを上回ります。
問題はどこまで続けられるか?

2回はお互いにいい左フックを当て顔色を変えます。
ビッグファイトに相応しいハイレベルの攻防。
ここまで一進一退の攻防ですが、ややカネロが上回り、3回カネロはプレッシャーを強めゴロフキンを下がらせます。スキあらばカウンターで開いた口が塞がりません。

4回はゴロフキンは足を止めてボディーを少し増やしましたか。普段使わない小さく畳んだショートアッパー等ゴロフキンの技術の幅には驚かされます。
それにしてもこの日は神経質に戦いますね。ゴロフキン、ミドルレンジでほとんどパンチを当てさせませんが、手数は少ない。
手数はカネロですが、命中はややゴロフキンか。
戦いの幅はどちらも広いです。

ゴロフキンとカネロのデータベースにはアマチュア、プロ通して得られた膨大なデータが蓄積されていますね。

カネロはこの日はリング中央に陣取り譲りません。
ゴロフキンをしっかりと迎え撃ちます。
ロープ際で戦うよりパンチは食いますが、見栄えはいい。
手数はややカネロが上回っているような印象で、気力の充実を感じます。

5ラウンド超えてもカネロの気力は充実、逆にゴロフキンの顔に疲労が見えます。

6ラウンドからゴロフキンのペースが落ちてカウンターを合わせやすくなりました。ゴロフキンの攻撃の度にカウンターが飛んできます。
ゴロフキンが珍しく下がらされ慣れない戦いに疲れが溜まってきたのでしょう。

7ラウンド増えだしたカネロのカウンターが抑止力となりゴロフキンの手数を減らします。
カネロにペースダウンの兆しはなし。
このままではゴロフキン負けます。

8ラウンド、サンチェスは近い距離に留まれとゴロフキンを送り出します。
しかしカネロは前進を開始、ゴロフキンは退かざるを得ません。

9ラウンドはお互いにクリーンヒットを奪い合い互角の攻防。しかしポイントは恐らくカネロ。

10ラウンド、ゴロフキンが打ち下ろしのKOパンチを2度打ち込むもカネロは耐える。
打たれ強いなあ。

11ラウンド、さあチャンピョンシップラウンドだ。
前のラウンドのダメージかカネロはペースダウン。
スキを突きたいがゴロフキンにも疲れが見える。

12ラウンド、遂に戦いは最終局面。
判定まで分かりませんが、恐らくゴロフキンは不利。
ノックアウトしかないでしょう。
左フックとアッパーカットを当ててカネロをぐらつかせるゴロフキン。
確実にダメージを与えています。

カネロ1,2,3,5,6,7,8,9,
ゴロフキン4,10,11,12
カネロに好意的につけました。

今回は前回と逆の構図になりました。
中央に陣取るのはカネロで手数を出す、ゴロフキンは押されてながらクリーンヒットを奪う。
スタミナ問題を感じさないカネロのレベルアップ、逆にチャンスで前に出れないゴロフキンの衰えを感じました。

判定は競りましたがカネロを支持。

カザフスタンのガラガンダから始まったゴロフキンの快進撃はここで止められました。

そして新たに王者に輝いたカネロはゴロフキンの築き上げてきたものを受け継ぎ次のレベルへ進みます。

-観戦記録
-, ,

Copyright© toe-to-toe , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.