観戦記録

予想通り。 レミューvsオサリバン

レミューとオサリバンならこうなるよねという結果です。
オサリバンが挑発して口下手なレミューはプンプンに怒っていましたが、これで溜飲は下がったことでしょう。


レミューは低い姿勢からちょんちょんと軽くジャブをついて右を準備しますのでこのジャブで相手の足が止まらなければ右が振れません。
左フックも距離の出る打ち方ではありませんし、ジャンプして打つようなこともありません。
なのでゴロフキンやサンダースのような戦い方をされるとパンチの当たる距離に入れず、空転させられます。
オサリバンのように自ら距離を詰めて打ち合う選手なら、右や左を打つための距離や時間を作ることなく振リ回せます。
このパンチなので打ち合いにはめっぽう強く、足を使うボクサーには苦戦する典型的な選手です。

穴は大きいですが、相変わらずレミューの戦いは気持ちがいい。
負けも少なくないですが、勝ちのほとんどはKO決着。
負けてもファンはついていく、人気の出る選手ですね。
村田諒太は足を使う戦い方はこのレベルにはできません。
なので打ち合い必至、やるかやられるかの面白い試合になると思います。
見てみたいなあ。

-観戦記録
-, ,

Copyright© toe-to-toe , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.