観戦記録

3年振りの再戦 キャンベルvsメンディ

リナレスに接戦の末は破れたロンドン金メダリストキャンベルとフランスのベテラン、メンディの再戦です。初戦は判定でメンディが勝ってます。
しかし先に世界へ挑戦したのはキャンベル。
メンディはきっと不満があるでしょう。
ボクシングに経済的な理由による機会の格差は是正しなきゃいけません。

でも資本主義が各団体に浸透しています。

3年前はキャンベルのキャリアアップとして設定されましたが今回は世界挑戦のためのサバイバルです。

会場にはロマチェンコの顔もあります。
キャンベルは負ければ世界はさらに遠くなります(メンディ頑張れ)。

メンディーは前回と同じようにガードを上げて歩いて距離を詰め、キャンベルはジャブを突きながら距離を取ります。
メンディーはに近づかないと攻撃が始まらないのでキャンベルのパンチとフットワークで阻まれて回転上がりません。
分かりやすすぎる。いきなり飛び込んだり、誘い出したりもう少し工夫がほしいところ。
これでは相手が疲れない限り鬼ごっこです。

キャンベルは致命的なタイミングを探すでもなく、メンディーがプレッシャーをかけ続けるので距離を取るのに忙しい。
疲れないように強振せず、規定のラウンドが過ぎ去るのを待つだけ。

だめだ最後まで見れない…
退屈な時間でしたね。

動画は後で探します。

-観戦記録
-, ,

Copyright© toe-to-toe , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.