観戦記録

英国人最強を決める グローブスvsスミス

wbssスーパーミドル級はユーバンク、グローブス、スミスが優勝候補で英国人のための大会といった感じでクルーザー級と違い世界最強を決めるとは言い難い試合です。

スミスはガードを高く上げてグローブスの様子を窺いますが、ラウンドを奪うには手数が少ない。
グローブスは上下にジャブを散らしたり、スミスのジャブの戻りに合わせて打ったりとジャブの攻防では上回ります。

2回から少しだけペースは上がりますがお互いに警戒し殆ど手数はありません。
スミスはプレッシャーをかけているので距離は遠いという感じではありませんが、グローブスはカウンターを警戒し固い守りのスミスに思うように攻め込めないという感じ。でも距離が詰まった時の右のボディーは
痛そうです。

スミスは手数はありませんが、プレッシャーをかけて焦りは感じず、自分のペースで試合を進めていきます。
でもやっぱりラウンドを取るならもっと手数はほしい。
慎重な二人の戦いは7ラウンドにスミスのパンチがグローブスを捉えてグローブスをノックアウトしました。
試合通してスミスの方が余裕を感じましたが、ポイントは微妙な感じでした。
スミスのボクシングならもっと積極的に行ってもよかったと思いますが、安全を第一に考えたのでしょう。
少しづつペースアップしていきました。

グローブスはボディーブローなどカウンターが良かったのでそれ以外の積極的なコンビネーションに期待したのですがスミスの大きさに威圧されたかイマイチでした。

この階級最強候補はべナビデスです。
次点でラミレス、ウスカテギかな。
みんな若いので次のスーパーミドル級にはエントリーしてほしいですね。

-観戦記録
-, ,

Copyright© toe-to-toe , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.