スポンサーリンク

マイキー・ガルシアvsリチャード・コミー

NEWS
スポンサーリンク

スペンスは来年とか言われてます。
話題づくりとしか思えませんけど。

リチャード・コミーは微妙な判定で負けているだけでスピード、パワー、スキルなどライト級トップクラスの力があります。
常にアウェイで戦うしかないコミーはホームで戦えていれば無敗のチャンピオンだったでしょう。
前回ガルシアが勝ったイースター負けていますが、接戦でした。
より好戦的なコミーはイースターより面白い試合になるはずです。

純粋な身体能力ならコミーに軍配が上がるはずです。しかし相手はガルシア。
技の桁が違います。
筋力で生み出す力はコミーが上だと思いますが、それを拳に伝える効率はガルシアが上。
なのでパンチ力は同じくらいだと予想します。
しかしそれ以外ではガルシアですかね。
コミーが上回るなら積極性とスタミナです。
ガルシアとボクシング勝負しても勝てませんから最初からガンガン攻めてパンチのダメージではなくスタミナを削って消耗させてほしいですね。
サリドがお手本です。

コミーの気持ちと身体能力でどこまで食い下がれるか楽しみです。

不遇なコミーに幸運は訪れるか。

Richard Commey vs Alejandro Luna (Highlights)
Easter vs Commey HIGHLIGHTS: September 9, 2016 – PBC on Spike

コメント

  1. あな より:

    この試合ただの消化試合みたいな扱いですけど両者にとりかなり面白い組み合わせですよね
    ジャブで刺し負けたあとのplanBが足りなかったイースターとは違ってイースター戦シャフィコフ戦と違う組み立てをしてます
    またガルシア視点から見ても黒人クイックネスと言えばブローナー以来
    正直階級を上げたあとのブローナーより強く見えます
    他にもガルシアのジャブを掻い潜れそうなシャフィコフ
    スペンスとか言わなくても楽しい組み合わせはまだいくらでもありそうです

    • とーとぅーとー より:

      イースターには失望しましたが、コミーは少し期待してます。
      相打ちを覚悟しているタイミングで殴れてリスクとれるのでイースターよりチャンスあるかなと思っています。
      ガルシアの間合いを攻略するのロマチェンコ以外はある程度被弾覚悟じゃないとこの階級では難しそうに感じています。
      サリドは何度ダウンさせられても前進はやめず、ガルシアの運動量が落ちてきて勝負が分からなかったところで止められてしまったので、あの続きを再現できる選手に期待します。
      もしくはロマチェンコのフットワーク。