プロスペクト 観戦記録

岡田米国デビュー

投稿日:

タグ: ,

最激戦階級スーパーライト級、アジアでは無敵の岡田と世界、どれだけ差があるでしょうか。

初回から不用意に右を食います。
貰い方が悪い。コンビネーションの距離が近く、攻防の意識の切り替えが遅いきがします。この階級のトップクラスなら即ち負けを意味する悪癖です。

でも岡田はいいジャブを持っていますし、勤勉に頭の位置を変える、カウンターも上手い。
もっとジャブで距離を作って誘いながらやれば主導権握れたと思います。
少なくとも簡単に被弾はしなかった。

フィジカル面など不安要素はありますが、才能はありますので次の試合に期待したいと思います。
但し現状のままならラミレスには破壊されるでしょう。

最近は日本人というかアジア人に注目されてますね。
ファンとしては後楽園ホールで下積みした選手が羽ばたいて行くのは楽しいものです。

ホセ・ラミレスvsアントニオ・オロズコ 岡田きっついな

-プロスペクト, 観戦記録
-,

Copyright© toe-to-toe , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.