スポンサーリンク

拳四朗vsメリンド 頼もしくなってきたチャンピオン

観戦記録
スポンサーリンク

黒いマットは新鮮だー。

ケンシロウ、雰囲気変わった!?

早いリズムで仕掛けるのはケンシロウ。
積極的ですが、メリンドへの敬意を感じる立ち上がり。
向き合うと体格がメリンドより一階級以上大きいです。ジャブが効果的ですね。

メリンドは顔に届来そうにないのか下にジャブを放ちます。
八重樫より遥かに遠い間合いに戸惑い気味か。

2回はメリンドがケンシロウのジャブのタイミングで右を被せてきました。

ケンシロウは慎重ですね。
長丁場の世界戦でメリンドの特徴を考慮すると慎重に行くべきですね。
ジャブだけなのでボディーも行けるともっと弱らせられそうですが…
メリンドの序盤のパンチは怖いから無理か。
でもケンシロウは神経質に距離を維持して勤勉にリズムを刻みながらジャブを突いているのでメリンドはなかなか入り込めません。

やっぱり後半落ちてきたメリンドを見てペースを上げるケンシロウ。
メリンドはどんどん弱っていきます。

後半はケンシロウの時間でメリンドをカットでTKO。
メリンドは引退したほうが良さそうです。

コメント

  1. 一瞬のマ夏 より:

    メリンドは距離感が全く合いませんでしたね。ケンシロウという選手、初めてじっくり見ました。ちょっとメリンドの下降気味と空白期間、体格の違いが気になりましたが。
    出入りも良く手数も出るし慎重で中々良い選手。気になるのは重心を後ろに置き前後の動きとスピードで翻弄していましたがそれがちょっと一定過ぎる感じでした。
    左右の動きも欲しいし、ややガードが下がり気味。今後、アコスタや京口と絡むでしょうか?
    あと素晴らしいと思ったのは試合後のインタビュー。かなり冷静で試合後と思えない位落ち着いていました。ああいう冷静さが色々なスポーツに置いてトップ選手には共通していると思います。