NEWS

クロフォードの2019

アラムが言っていたのはクロフォードは2019年は3試合、スペンスとの試合は実現すると言いました。

しかし現実的なのは下記の選手。

トップランク所属のウェルター級

エギディウス・カバリアウスカス

20勝16KO
もう30歳ですか早いな。
分厚い体で背は高くありませんがパワーとスピードはべナビデスより上だと思われます。
最近の試合はそこまで暴力的ではない印象ですがクロフォードがこのパワーをコントロールできるか見物です。
今までの誰よりも恐い相手になります。

以前の凶暴な姿に戻して襲いかかり、是非ノックアウトしてほしいですね。

カルロス・アダムス

ドミニカ共和国出身の24歳で今回クロフォードの前座で登場しました。ウェルター級まで落とせるみたいです。

まだまだ経験が足りない気もしますが、パワーはある。
スーパーウェルター級でも戦っているのでサイズもある。
アマチュアキャリアもある。でもクロフォードは厳しい。

アレクサンダー・ベスピューティン

彼の踏み込みの速さとハンドスピードならクロフォードが崩れるかもしれません。

階級を上げてきたクロフォードのスピードを上回りますし、パンチも強く当たれば細いクロフォードひとたまりもないありません。
クロフォードは技の正確さでどれほどアドバンテージがあるか、彼を簡単に捌くイメージはできないので面白いマッチアップかもしれません。

但しまだ誰とも戦っていないので挑戦資格があるとは言えないのでもう少し先になるのかなあ。

トップランクなんで実現しやすいし、実力者なんですが、如何せん彼らは全くネームバリューがありません。

クロフォードに投資しているアラムとしては危険な割に美味しくない。
リスクにリターンが見合いません。
得するのはクロフォードに挑戦できる彼らだけです。

ウェルター級はアマチュアでクロフォードの遥か上を言っていた彼らが本命

この弾丸から目を離すな アレクサンダー・ベスプューティン 11戦目

ギヤソフ5戦目 相手は全勝のニカラアグア人

ダニヤル・イエレウシノフ 3戦目

モロッコの怪物 モハメド・ラビー

ラビー>ギヤソフ>イエレウシノフ
の順で魅力的に感じます。
パワー順なのでただの好みですね。
スピードは逆になるのかな。

-NEWS
-, ,

Copyright© toe2toe , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.