スポンサーリンク

wbssスーパーライト級優勝候補はプログレイスとテイラー

NEWS
スポンサーリンク

始まったばかりのWBSSですが、プログレイスは更に先を見据えます。

対照的ながら高い攻撃力を備えた二人

プログレイスはウェルター級へ

プログレイス
正直言ってしまえばウェルター級で十分戦えるよ。
ウェルター級の方が適してる。
筋肉を更に増やすつもりだ。
誰が相手でも問題なく戦えると思ってるよ。
そのための技術があるし、勿論パンチだって。
少しだけ脚力が必要になると思う。
ウェルター級のパンチだって吸収してみせるよ。
スーパーウェルター級のパンチだって問題ないね。
だだ少しだけ体の厚みを加えるんだ。

スーパーウェルター級のパンチも耐えられるなんて相当な自信です。
是非挑戦してみてほしいですね。
クロフォードをぶっ飛ばしてくれないかなあ。
wbssは甘いトーナメントじゃありませんが、是非勢いをつけてウェルター級と戦ってほしいと思います。

自らを信じ切った選手は止められない

テイラー
ポストル戦では自分自身について多くを学んだ。
不安要素はあったが、今は解消された。
ハイペースの12ラウンズ経験し、ボクシングIQも問題ない。
不安は解消されたよ。
自信を手に入れたリラックスできる。
あの試練が必要だったんだ。
このトーナメントで優勝してみせるよ。

正直ポストルに負けると思ってました。
ポストルはあまり人気もなく面白くもない。
しかし素晴らしい技術があります。
クロフォード相手に序盤は本当に互角、パンチが引っかかってダウンを奪われてしまったのが響きました。
アウェイのポストルは挽回しなければとペースアップ、それがカウンターパンチャーのクロフォードには悪い方に働きました。
今度はダメージのあるダウンを追加されペースを奪われてしまったんです。

話を戻します。
テイラーが勝つのはホームのアドバンテージを使うしかないと思ってました。
しかしテイラーは勝負を分かっており柔軟に戦いペースを明け渡しません。
しかしそれでも不利だった終盤でも気力は充実、果敢に攻め続けてダウンを奪う勝負強さも発揮しました。
気持ちで勝利を手繰り寄せた彼は信用できます。
http://fight-info.work/2018/06/24/%e3%83%9d%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%ab%e3%81%af%e6%97%a9%e3%81%99%e3%81%8e%e3%82%8b%ef%bc%9f%e3%81%9d%e3%82%8c%e3%81%a8%e3%82%82%e3%83%86%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%81%af%e6%9c%ac%e7%89%a9%ef%bc%9f/

ややプログレイスが人気ですが、彼らの他にも実力者揃いで誰が勝ってもおかしくない。

コメント