観戦記録

クロフォードvsべナビデス PFPの高い牙城を崩せるか

お互いに試合前から結構やりあっていて計量では乱闘寸前でした。
冷静に戦われたらべナビデス、苦しい。

開始はいつもの通りオーソドックススタンス。
体の小さいクロフォードの方がべナビデスを近づけたくないという意思を感じます。
べナビデスは体が大きく威圧感あります。
力強いジャブを放ち、踏み込むタイミングを測ります。
フル探せたら載せます。
フルありましたので載せておきます。


途中からクロフォードはスタンスをスイッチします。

2ラウンドにはクロフォードは足を止めべナビデスを迎え撃ちます。
うるさくジャブつきながらタイミングを見てべナビデスのグラブをはたき落として左を打ち込みます。
べナビデスこの辺の差し合いの攻防を省略して一気に踏み込んでビッグパンチを狙います。

べナビデスはクロフォードの距離では戦うので当然ボクシング勝負となってクリーンヒットを奪えないどころか手も出ません。

クロフォードは少しづつペースを上げていき、ダメージを与える攻撃はありませんが時々コンビネーションとカウンターを披露し、何より食わないのでラウンドを取っていきます。

クロフォードは余裕があっても無理はせず。
ディフェンスとカウンターがあるのでそもそもその必要はない。
少しづつ、でも確実に弱らせ最終ラウンドに致命的なタイミングのカウンターでKOしました。

クロフォードは自身の強みと弱みを熟知した戦い方で手強い王者です。
責められて横へ動く時にバランスを崩したり、パンチが交錯する場面で危ないタイミングはありました。
クロフォードよりハンドスピードがあってリスクを取れる選手、速いフットワークで一気に踏み込んで距離を詰められるなら上記のミスを引き出せるかなあ。
そんなやついないか…
クロフォードも相手に合わせて戦うのでそう簡単にいくわけありませんね。

ポーターの踏み込みと揉み合い、スペンスのパンチと執拗さとかトップの選手達とのマッチアップ意外興味失せてきました。

-観戦記録
-, ,

Copyright© toe-to-toe , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.