ランキング 強さの秘密

究極の攻撃 カウンターの手練は誰だ ランキング編

エントリー編に続いてランキング編です。
独断と偏見により決定していますので悪しからず。

迷う基準

試合通しての有効性、制圧具合と一撃の切れ味で迷いますね。
考えてみて思ったんですが、色んなカウンターパンチャーいます。

1位 カネロアルバレス

バッサリ切って落とすようなカウンターではありませんが試合通して非常に効果的です。
ゴロフキンとの再戦では右のビッグパンチを徹底的に迎え撃ちダメージを狙うと同時に心理的に強振させず威力を殺し封じ込めました。

プレッシャーをかけ半強制的にゴロフキンに攻撃させ迎撃するというのは難易度は高いですが、理想的なカウンターで機能美を感じました。

2位 テレンス・クロフォード

新たにKOレコードにホーンとべナビデスを加えました。
威力はありませんが、どの試合も素晴らしいタイミングでカウンターを狙い、それが攻防に機能します。

ホーンのラフファイトにカウンターをバシバシ合わせべナビデスにも芸術的なアッパーカットを決めました。
今後に更に期待。

3位 ホルヘ・リナレス

この順位も迷いました。
完璧な攻防一体とは言い難い。
しかし、カウンターでの鮮やかなKOが多いことと、やっぱり自分が戦うとしてリナレスに攻めるのは勇気がいるなと。
当たった瞬間に電源が落ちるようにパタリと倒れてしまうようなKOが多いのもポイントがたかいです。

4位 ドミトリー・ビボル

攻防一体のフットワークで、機能的なスタイルを評価しました。
攻防一体の稀有な選手です。
必ず攻撃の後に素早く移動しカウンターを取れるポジションと体勢を作り、破壊力のあるKOパンチを打ち込みます。

非常に訓練された教科書的な選手で前後のフットワークは一見の価値あり。

4 位 井上尚弥

攻防のクオリティーは相当なレベルです。
プレッシャーをかけながら攻撃し、その中でカウンターになることを評価しました。
これができるのは貴重な選手です。

破壊力速さ、タイミングは天才的ですが、リナレス以外の上記選手はより攻防一体なのでこの位置。

5位 ワシル・ロマチェンコ

上記の選手たちがKOを狙うようなクラシックなカウンターパンチャーならロマチェンコは真逆のモダンなハイテクカウンターパンチャーです。

相手の動き止めるという目的を実現するために機能するカウンターで、クラシックなパンチャーがリスクと引き換えに一撃の切れ味を上げるのに対してロマチェンコは最小のリスクで、相手の動きを封じることに特化したカウンターです。
そのカウンターから次の攻撃に移ることが目的です。高いレベルで攻防が融合しています。

最早好みの問題

なんか好みになってきます。

 toe-to-toe
toe-to-toe
http://fight-info.work/2018/03/18/%e3%83%9c%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%b0%e6%9c%80%e7%a1%ac%e3%81%ae%e7%9b%be%e3%81%af%e8%aa%b0%e3%81%a0%e3%80%80%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e7%b7%a8/
no boxing no life
 toe-to-toe
toe-to-toe
http://fight-info.work/2018/03/15/%e3%83%9c%e3%82%af%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%b0%e6%9c%80%e5%bc%b7%e3%81%ae%e7%9f%9b%e3%81%af%e8%aa%b0%e3%81%a0%e3%80%80%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e7%b7%a8/
no boxing no life

-ランキング, 強さの秘密
-, , , ,

Copyright© toe-to-toe , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.