ランキング 選手紹介

勝手にミドル級ランキング

村田が負けちまったってことで更新です。

独断と偏見により決定

1位サウル・アルバレス

再戦を接戦で制したカネロをこの階級トップに位置づけました。
初戦と違いどんな相手も押しつぶしてきたゴロフキンを跳ね返す重戦車っぷりは見事。
弱点のスタミナも克服したように見えました。

相手にプレッシャーをかけ半ば強制的に攻撃させ、それを迎撃する。動く要塞と化したカネロの強さはゴロフキンを超えてステップアップしました。

2位ゲナンディ・ゴロフキン

加齢による衰えを感じますが、その技術は健在だと思います。
ボクシング界最高のジャブを持ち、鉄壁カネロでさえジャブは食い続けました。
今まで圧倒的な打たれ強さを見せてきた彼ですが、カネロ戦を見るとKO負けは近い、とも感じています。

肉体の衰えをどれだけ精神で補強できるか。この先はどれだけ踏ん張れるでしょうか。

3位ダイエル・ジェイコブス

ゴロフキンには負けましたが、かなり苦戦させ体格や身体能力を活かした負けにくいボクシングを見せました。
この階級で最大級、ミドル級リミットで作る限界の体格だと思われます。

パワー、スピードに優れてたアスリートタイプで頭がよく、戦略的に戦います。
ゴロフキン戦でのあのボクシングを攻略するのはゴロフキン以外にいないかもしれません。

ただし打たれ弱いので誰にでもチャンスはあります。

4位ビリー・ジョー・サンダース

レミューを一方的に痛めつけ、ユーバンク、モンローにも勝っています。
しかし、微妙な相手に苦戦したりもしていて相性で変わるかもしれません。
冷静に戦えてボクシングが上手いので、捕まえるのは大変ですね。
怖さはありませんが、気づけば12ラウンド終わってしまうタイプです。

5位 ジャーモル・チャーロ

スーパーウェルター級では怪物の如き強さでしたが、ミドル級ではまだ何も成し遂げていません。
次のセンテノ戦が試金石になります。
スーパーウェルター級時代の王座防衛戦では全勝のジュリアン・ウィリアムズとの高速の攻防も卒なくこなしていましたし、凄まじいフィジカルや強力無比なジャブ、芸術的なアッパーカットなど真価を発揮しました。

なにより獰猛な性格をしてKOを狙っていくスタイルなので期待しています。
スレッキ戦楽しみです。

5位 セルゲイ・デレブヤチェンコ

見た目の短躯とは裏腹にテクニシャンの異名通りミドル級屈指の技巧派です。
元チームメイトのロマチェンコの影響を色濃く受けており、右のロマチェンコといった感じの技を持っています。

トレアノ・ジョンソンくらいしかめぼしい戦歴はありませんが、アマチュアキャリアを考えると私は彼がこの階級の伏兵だと見ています。
次のジェイコブスとの試合が試金石になります。

7位 マシエ・スレッキ

ジェイコブスに負けただけで、勝ちでもおかしくない内容でした。
パワーもスピードもありますがミドル級上位と張り合うには少し頼りない気もします。
次のチャーロは勝てるかなあ。
チャーロの強さを測る物差し程度の役割になりそう…
頑張れ。

7位ロブ・ブラント

一応王者ですのでいれました。
金メダリストにも勝ってますしね。
ブリーマーの技巧に屈しましたけど考えてみればライトヘビー級の元王者です。
パワーはありませんがスピードがあり技巧派の選手。
ゴロフキンと戦うとか戦わないとか。
なんとなく一瞬でマットに突っ伏しそうな雰囲気が…

7位ディミトゥリアス・アンドレイド

カウントンドクワに勝って王者になりましたがまだまだ評価できる相手との試合はありません。
しかし185cmと大柄な割にはスピードがあり、捕まえにくいタイプなので好き好んでやりたい相手じゃないですね。
DAZNに参加しているのでジェイコブスやサンダースとの試合が期待されています。
スーパーウェルター級時代は最強の評価もありましたが最近冴えません。

8位デビッド・レミュー

パンチはありますけどサンダースとゴロフキンにアウトボクシングで滅多打ちにされて弱点を露呈しました。
オサリバンやスティーブンスレベルにはすっごいKOしたのでランクイン。
村田ならボコれると思ってましたがブラントの試合を見るとスティーブンスみたいになってもおかしくないなあ。

実績と私の期待を込めたランキングです。
チャーロ、デレブヤチェンコは実績はありませんが、期待を込めてランキングしました。

-ランキング, 選手紹介
-, , , , , , , , ,

Copyright© toe-to-toe , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.