NEWS トレーニング

カネロvsビボル これは興奮するなあ

ビボル
今は私の時代だ。
他の王者と戦い統一することが目標だ。
しかしビッグファイトのためならスーパーミドル級へ落としてカネロと戦う。
お互いのタイトルを賭けて戦おうじゃないか。
これこそ私とファンが望むビッグファイだ。

現実的にカネロはビボルと戦いませんね。ビボルがカネロを目指すならライトヘビー級を一掃した後です。
そこまでしないとカネロは交渉すら応じないでしょう。

というかそもそもフィールディングに勝つ前提で雑魚扱いですね。安全な試合という認識です。
まあ確かにスーパーミドル級では悪くはなくてもベストではありません。
でも金の為に戦い、ボクシングへの情熱を失ったチャベスjrよりは確実にマシです。

フィールディングはかなり気合入っていて、加えて小さなカネロとの体格差は相当なもんですよ。
リゴンドーが天笠にKO寸前まで追い詰められましたから体格差は超重要な要素です。
でかいやつは守りも攻撃もある程度省略できます。

ビボルは小さいライトヘビー級とは言えカネロにしてみればでかいし、速いし、パワーあるし何より若くて野心的。気力が充実してるやつは本当に強い。

ビボルはパンチと足が連動してて、攻防一体。
打ち終わりは最早、無意識に移動してる程体に染み付いてるんで、カネロがゴロフキンの時のようにカウンターで迎撃なんて超高等技術見せてくれたら興奮してしまいますね。
おじさんの戦いじゃなく、活力溢れる若手の対決。
想像だけで興奮できます。
まあ想像で終わりそうですけど。


ビボルは練習段階で打ち終わりに動く習慣が染み付いています。

カネロはヘアスタイル変えましたね。
前はどこのハリウッドセレブかと思いましたが、今は坊主で厳つい感じです。
童顔なので髭がある方が強そうに見えます。

カネロのチームにライアン・ガルシア、オスカー・バルデスが参加しているみたいです。ライアン君は前回不甲斐ない内容でしたかね。
顔が良くてファイティングスタイルも華があります。
ちょっと穴も分かりやすいですが。
目指せデラホーヤ。


デラホーヤはパーリングがすごい。

バルデスはパンチもスピードもありもっと楽に勝てそうな選手ですが、リスクとコストの小さい技術を使わないんですよね。
フックぶん回し野郎で迫力があり面白いですが、激闘になってしまいます。

彼らがカネロの個々のヘッドムーブメントの細部を真似できてディフェンスの体系を手に入れると別の選手に生まれ変わりますね。
素質は素晴らしい選手達です。

-NEWS, トレーニング
-, , , ,

Copyright© toe-to-toe , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.