NEWS プロスペクト

ジョシュ・ケリーvsダニヤル・イエレウシノフ

ケリーはイエレウシノフへの復讐に前向き。
前回の試合はそれまでのようなトリッキーな上手さと違い強さを見せてくれました。
プロでも十分通用する逸材だと思います。

ケリー
リマッチは大賛成だ。
確かにオリンピックでは負けた。
しかしプロでは俺の方が上手くやれている。
いつがいいかって?
聞き飽きたよ。
いずれにしたって俺達は衝突する運命にある。
いつかはやり残した仕事を終わらせないとな。

ますはアバネシャンを倒すこと、それに集中している。シェフィールドで試合するのを楽しみにしてる。
よ。く知ってる場所だからね。
アダム(トレーナー兼マネージャー)には急かされている。
前回の試合から間隔が短い。
アバネシャンは元王者でモズリーやピーターソンなどトップレベルと戦ってきた。
勤勉に取り組んできて正しいステップを踏んでいる。
これは飛躍であり彼が俺のことを試してくれるだろう。
ウェルター級は激戦区でそれこそが俺を熱くしてくれる。その危機感こそが俺を突き動かす。
俺はベルトを2つ手に入れた。たが始まりにすぎない。
アダムとエディーにかかっている。
俺の目標は世界タイトルだ。
8戦しかしていないことを忘れないでくれ。今はまだ進化の途中なんだ。

前回の試合の内容は気力に溢れていました。
相手をおちょくるような奇抜な技も面白いですが、私はやっぱり強いボクサーが好き。

この二人をぶつけるのはビジネス的にありえないと思うので2019後半か2020年以降だと思います。
イエレウシノフもケリーに劣らずシックスセンスを持ってるのでダンスバトルになりそうですが。

シックスセンス 未来を感じとるボクサー

ボクシング プロスペクト ウェルター級

-NEWS, プロスペクト
-, ,

Copyright© toe-to-toe , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.