選手紹介

井上尚弥に期待する相手

増えて来たので更新です。
wbssは制覇する前提で、スーパーバンタム級も入れました。
層が厚くアメリカでファイトマネーがグッと上がるフェザー級の一つ前なので激戦のフェザー級を視野にいれた強力な選手がいます。

スーパーバンタム以上じゃないと興奮しない

ゾラニ・テテ


この階級では一番の実力者だと思います。
KO率の高さから分かるようにパンチはありますし厄介なことに勝ちに徹するようなボクシングもします。
彼に勝てるようならこの階級に敵はいないでしょう。
wbssの結果次第で戦います。

ライアン・バーネット

https://www.youtube.com/watch?v=e6bwNv1tndo
型にハマらない動きで縦横無尽にリングを駆け回り、意表を突くような攻撃をします。
ガードは低いですが動き回るので殆どクリーンヒットは食いません。
ドネア戦で怪我をしてwbss棄権したのが惜しまれる。

ルイス・ネリー

ネリ復帰 井上の試合をDAZNで見てろ

井上尚弥はルイス・ネリを討伐できるか?


ここでまとめています。

続いてスーパーバンタム級

ジェシー・マグダレノ


彼は手強いです。体格は変わりませんけど、サウスポーで速く強い。
しかも勝ちに徹する節もあり、厄介です。
私はドネアの勝ちにしたかったですが彼にも勝っておりり、危険な相手だと思います。
ドグボエの獰猛さに屈しまたが再戦を求めていて今度はどうなるか分かりません。

レイ・バルガス


一言で言うと大きい。体格とパワーを生かしたボクシングをする全勝のメキシコ人でKO率も高く危険な相手です。
身長は172cmあるのでかなり体格差があり攻略は難儀するでしょう。僕がマネージャーなら戦わせたくありません。
長身でパワーのある相手に井上がどう出るかみてみたいだけす。
マクドネルとは違いミスは命取り。

アイザック・ドグボエ

最初はあまり評価していませんでしたがフアレス戦、マグダレノ戦で確信しましたこの男は強い。

生物としての強さが違う 大竹vsドグボエ

アイザック・ドグボエ vs セサール・ファレス

ギレルモ・リゴンドー


ロマチェンコな圧倒されましたが、この階級で同体格ならかなりの力を持っています。
年来的な衰えも見せはじめたので、チャンスあり。
今の彼を倒しても評価は難しいですが、ボクシング界に一気に名前を売れます。
リゴンドーは高齢なので時間は殆どありません。
オリンピック2連覇のこの男が一番難易度が高く危険ですが得るものが大きい。
Pbcで活躍する井上もいいですね。

ジェオ・サンティシマ

荒いですがめちゃくちゃパワーがあります。
この気迫を井上戦に持ち込めばミスを誘えるかも?

レイマート・カバリョ

スパーリングはしたことあるみたいで圧倒されたとかされてないとか。
潜在的には井上の脅威になり得ます。

半端じゃない才能 カバリョ20戦目

レイマート・カバリョ フィリピンのガチなやつ


ここからは迫り来る脅威。
エリートアマチュアです。

ムラドジャン・アフマダリエフ

ムラドジャン・アフマダリエフ ウズベクの脅威は122まで迫ってきている

将来の井上に立ちはだかる壁 アフマダリエフ 5戦目

デビッド・アガツハニヤン

打倒井上ロシアならどうだ デビッド・アガツハニヤン

-選手紹介
-, , , , , , , , , ,

Copyright© toe-to-toe , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.