スポンサーリンク

ボクシング プロスペクト ヘビー級

プロスペクト
スポンサーリンク

ヘビー級こそボクシング

語弊はありますがヘビー級が盛り上がらないとカジュアルな格闘技ファンは食いつかない。

ジャレル・ミラー

最重量ヘビー級。
パワーがあり相手の懐に入って殴ります。
柔軟なデフェンスですがややスキがあるので耐久力がどうかが鍵。
http://fight-info.work/2018/11/18/%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%83%ac%e3%83%ab%e3%83%bb%e3%83%9f%e3%83%a9%e3%83%bcvs%e3%83%90%e3%82%b0%e3%83%80%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%83%93%e3%83%8c%e3%80%80%e6%9c%80%e9%87%8d%e9%87%8f%e3%83%98%e3%83%93%e3%83%bc/

アダム・コウナツキ

白デブなんですがコンパクトなパンチで回転が効きます。
スタミナはありませんが効率がいいのでどんどん手を出して行きます。
この物量は脅威です。
http://fight-info.work/2018/09/09/%e3%82%b3%e3%82%a6%e3%83%8a%e3%83%84%e3%82%advs%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%b3%e3%80%80%e3%83%98%e3%83%93%e3%83%bc%e7%b4%9a%e3%82%b5%e3%83%90%e3%82%a4%e3%83%90%e3%83%ab/

トニー・ヨカ

身長ではジョシュアとワイルダーに劣らず、ボクシングの上手さは勝っています。
問題はパワー。上記二人はとんでもない爆発力があります。
トッププロスペクトだけどどうかなー。
http://fight-info.work/2018/06/29/%e3%83%98%e3%83%93%e3%83%bc%e7%b4%9a%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%97%e3%83%ad%e3%82%b9%e3%83%9a%e3%82%af%e3%83%88%e3%80%80%e3%83%88%e3%83%8b%e3%83%bc%e3%83%bb%e3%83%a8%e3%82%ab/

オレクサンドル・ウシク

言わずと知れた選手ですがヘビー級では未知です。
クルーザー級を制覇した実力でヘビー級に存在しない機動力を持っています。
http://fight-info.work/2018/09/26/%e3%82%a6%e3%82%b7%e3%82%af%e3%80%80%e6%9c%aa%e7%9f%a5%e3%81%a8%e3%81%ae%e9%81%ad%e9%81%87/

ジョシュアvsウシク 密かにジョシュアを狙う伏兵
WBOはウシクに対してスーパーチャンピオンの称号を与え、ヘビー級進出した際はジョシュアへの挑戦権授けるようです。 ウシクは英国でジョシュアとの試合をビッグファイトにするためべリューとの戦いを優先しそうですが… イギリス人以外べリュー...

ディリアン・ホワイト

プロスペクトと呼ぶに相応しいか分かりません。
ジョシュアをぐらつかせダウン寸前、クリチコの次に苦戦させました。
パーカーにも勝っており実力は王者級です。

http://fight-info.work/2018/07/29/%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%82%a2%e3%81%ae%e3%81%8a%e5%8f%a4%e3%80%81%e7%ac%ac%e4%ba%8c%e9%9b%86%e5%9b%a3%e3%81%ae%e9%8d%94%e8%bf%ab%e3%82%8a%e5%90%88%e3%81%84%e3%80%80%e3%83%91%e3%83%bc/
http://fight-info.work/2018/03/25/%e3%81%a7%e3%81%b6vs%e3%81%a7%e3%81%b6%e3%80%80%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%83%bb%e3%83%9b%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%88vs%e3%83%ab%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%82%b9%e3%83%bb%e3%83%96/

エフェ・アジャグバ

体格がジョシュア級。
しかし遅いです。ジョシュアとワイルダーが如何に規格外の能力者か分かります。
ただこのアジャグバのパワーは本物です。
オリンピアンだけあり技術もあるので要注意選手。


http://fight-info.work/2018/06/28/%e3%82%a8%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%bb%e3%82%a2%e3%82%b8%e3%83%a3%e3%82%b0%e3%83%90%e3%80%80%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%82%a2%e3%80%81%e3%83%af%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%80%e3%83%bc%e3%82%92/

フィリップ・フルゴビッチ

ヨーロッパ式のボクシングに加えて体格もありヨカと同様にまとまった選手です。
突出したものはありませんがすべて高水準で相手に合わせた戦いができるならなかなか隙がありません。
http://fight-info.work/2018/09/09/%e3%82%af%e3%83%ad%e3%82%a2%e3%83%81%e3%82%a2%e3%81%ae%e3%82%a8%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%88%e3%82%a2%e3%83%9e%e3%80%80%e3%83%95%e3%82%a3%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%bb%e3%83%95%e3%83%ab%e3%82%b4/

ジョー・ジョイス

ボクシングできるイギリスヘビー級。
年齢はいってますが体格もあります。
冷静にボクシングでき見た目以上に厄介な選手です。
Wsbではウシクの機動力に慌ててしまい負けました。
時に冷静さを崩すことも必要ですね。
http://fight-info.work/2018/10/02/%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%80%80%e9%80%a3%e6%95%97%e4%b8%ad%e3%81%ae%e7%9b%b8%e6%89%8b%e3%82%92%e3%81%97%e3%81%a3%e3%81%8b%e3%82%8a%e4%bb%95%e7%95%99%e3%82%81%e3%82%8b/

ダニエル・デュボア

9勝8ko
21歳
イギリス
196cm

ダイナマイトに異名通りパワフルなボクシング。まだ世界戦線を狙うには若いのでこれからの選手です。
連打でも一発でも倒せるヘビー級で体に似合わず技にも拘っています。

Daniel Dubois KO Highlight The Next George Foreman

ヘビー級バスケットボール化しています。
だからこそウシクやアレン・アイバーソンに興奮するのかもしれません。

コメント