「 月別アーカイブ:2018年12月 」 一覧

no image

ジェームズ・ウィルソン 確かにタイソンぽいけど

8勝7ko 32歳 アメリカ 183cm 全く知りませんでしたが今日偶然知りました。 確かに動きはタイソンを進化させたような感じです。 これを実戦で使えるほど洗練させられるのか、疑問ですがこんな動きで ...

チャーロvsコロボフ 裏番長決定戦

モンローがドーピング。またかと思っていたら代役はコロボフ。 どちらも快諾。 気持ちいい、頼もしい、かっこいい。 ファンの期待を裏切らない決断です。 ビッグネームを狙うチャーロと進退を賭けて戦うコロボフ ...

モハメド・ラビー 8戦目

イエレウシノフ、ギアソフ、ラビー。 驚異的な速さで試合を消化。 誰が一番早く頂点に立つか。 相手は13勝11ko4敗、負けは多いですが勝ちの殆どはko、負けた相手もタイのテワ・キラム、無敗選手にMDや ...

マジでスーパースター候補 エルガシェフ15戦目

今回も開始のベルと同時に速攻、秒殺。 この戦い方は人気爆発しそうな匂いがプンプンします。 荒々しく強引ですがパワーとスピードの威圧感が半端じゃない。 向かい合っただけで相手が萎縮してしまいます。 もう ...

カネロ、ラミレス昨日の振り返り。

昨日のスーパーミドル級チャンピオンシップを戦った中で最弱はフィールディングでした。 正直打たれはするがスーパーミドル級で大柄な体格もあってなかなか効かずカネロを悩ませると思っていました。 あっけなく初 ...

ファーマvsフォンセカ

ファーマーはパンチを食わないことを美学としている守り専門で魅せるボクサー。 断然ボクシングはデービスが好みなんですが、発言などはファーマーが好きです。 来年期待されている試合ですがデービスの敵ではない ...

パーカー復帰戦

ジョシュアとホワイトという実力者相手に連敗しての復帰戦。 ヘビー級トップと戦い必要な武器をしってどう変わったか。 パーカーはハンドスピードはヘビー級には見えません。 ただ相手を崩すという意味では微妙。 ...

フィールディングvsカネロ 

向き合うと体格さ分かりやすいですね。 フィールディングはスタンスやや広めでカネロは膝を立てて重心を上げていても顕著。届くか?フィールディングがクラウチング気味なのが救いか。 先制はフィールディング。距 ...

ライアン・ガルシア 17戦目

ガルシアはこの日に為にカネロのチームに参加していろいろ吸収してきたみたいです。 前回苦戦してこの段階で弱点晒しましたからね。 上にいって悪用される前に直さないといけません。 すみませんハイライトだけで ...

フィールディングvsカネロ 不遇のアンダードッグ

この試合は大金かけてるだけあってかっこよく上がっています。 長いので気になった所だけ引用します。 カネロは嫌われてますが好きですよ。生意気なだけでぼくには献身的です。 今回は特にフィールディング好きに ...

Copyright© toe-to-toe , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.