ランキング

ヘビー級 ランキング

フューリーとワイルダー2大ヘビー級の衝突で二人の底力が見れました。
独断によるランキングです。

アンソニー・ジョシュア

やっぱりクリチコ戦は評価が高いです。
勝負所を見つける洞察力、決断できる勇気と完遂する意志。
カリスマの素質です。
加えてボクシングの能力とあの筋力から生み出す桁外れの爆発力。
人間に防げるのものか...

これはジョシュアの強力な切り札です。
上手くいかなければルーレットを無理やり回せてしまうんです。

スタミナと顎が弱点か。

タイソン・フューリー

ワイルダーとは引き分けなんですが、ポイントは勝っていたかなと。
勿論僅差ですが。
クリチコも封じ込めています。
ボクシングはこの階級で一番うまい。
幼い頃からボクシングをやっているので技が染み付いています。
失神させられたワイルダー戦。
巧みなムーブメントと当てる上手さは際立っていました。
ワイルダーに渾身の一撃を受けて立ち上がり凌げるなんて半端じゃない。
失神していましたが本能なのか意志なのか分かりませんが何事もなかったかのように立ち上がりました。

デオンテイ・ワイルダー

一撃必殺に頼りまくりで大味なんですが、当たればおわりですし結局当ててきました。
フューリーに塩漬けされるかと思いました。
もう少しきれいに左をフォローさせられればフューリーは目覚めなかったでしょう。
ボクシング最強の一撃で銃口を向けられているようなものです。
その重圧たるや半端じゃありませんよ。
何人病院送りにしてきたことか。
もう少し若くボクシングを始めていればなあ。

ディリアン・ホワイト

ジョシュアを追い詰め元王者パーカーに勝っています。
技術のあるパンチャーで懐に入っての左のタイミングが抜群で打たれ強いパーカーが倒されました。
チゾラ戦は疲れていたのでスタミナと彼のムーブメントについてこられるタイプだとなかなか消耗させられませんでした。
ミラーも同様の動きができるので気になるマッチメイクです。

アダム・コウナツキ

デブで弱そうですが連打がたのパンチャーでコンビネーションの技術、ショートパンチの技術が洗練されており効率が良くエネルギーを節約し物量作戦ができます。
正面から正直に戦うのでちょっと怪しいですが元王者マーティンをこの戦略で退け、スピルカをノックアウトします。
一撃で仕留めるかハードにフルラウンズ戦う体力と意志が必要な選手です。

ルイス・オルティス

コウナツキの上にしようかと思いましたが年齢が...
高齢です。
アマチュアの下地がありパワーと技術は高水準で迷いますね。
でもコウナツキの期待を込めてここ。
ワイルダーをストップ寸前まで追い詰めましたがスタミナが後一歩もたなかった。
もう少し若ければ結果は違っていたかもしれません。

ジャレル・ミラー

ホワイトとどっちが強いか。
今のところパフォーマンスはいいですが強豪との試合が足りません。
ぐいぐいと相手の懐に押し入っていくスタイルは面白いしパンチには説得力があります。
スタミナn、顎など試されていない部分も多い。

ジョセフ・パーカー

ジョシュアとホワイトに負けています。
ギリギリ王者になれましたが正直に立派な王者かどうかには疑問符がつきました。
ハンドスピードはありますが相手を崩していく技術がない。
アウトボクサー化すれば変わってきそうな気がしますね。

上位三人人気で誰か風穴あけてくれ

-ランキング
-, , , , , , ,

Copyright© toe-to-toe , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.