選手紹介

生まれた時代がわるかったペドラサ

投稿日:

タグ: ,

ロマチェンコ戦のペドラサ強かった。
ロマチェンコはライト級では以前ほど良くなかったという声もあります。
ただペドラサ、もっと評価されてもいいと思います。

ペドラサはテビン・ファーマー、ベルトランを一方的に痛めつけています。
未だ打ち合わなければデービスに勝てた、と思ってます。無意味な仮定なのは分かっています。
あの試合はペドラサの対応力、ボクシングの上手さと動き回るペドラサに前置きなくビッグパンチをぶち込むデービスの速さと力強さに驚きました。
どっちもめちゃくちゃ強いと感じた試合でした。

もちろんどんな戦い方でもあのデービスの尋常じゃない強さと速さに、結局粉砕された可能性はありますが、相当苦戦させられたでしょう。

最後崩されましたがロマチェンコのボクシングを封じ込めてロマチェンコとの戦い方を教えてくれました。
ロマチェンコやっぱり強い、よりペドラサここまでやるか、という試合でした。

ロマチェンコの動きに対抗し速く動くために「能動的に動き続け、決して止まらない」。
ロマチェンコもそうですが常にリズミカルに動きながら相手を観察します。
そしてあれだけ動いているのに忙しさがない、自然体です。 誰もが教えられますが忘れてしまう大切な習慣です。

力みがなく、「打ちながら動ける」。
打ち終わりのフットワークもカウンターも自然と体が動いているだけで意識したり狙ってる風ではない。
足場を固定しないためパンチがないのが弱点ですがそこを改善できれば両者この階級で敵無しじゃないかとさえ思いました。

ペドラサは瞬間的にスタンスを入れ替えてロマチェンコの追撃を防いだり、逆に追撃したり、ロマチェンコのデータベースにない、ロマチェンコが見たことのない動き。
無意識下で混乱し対応が遅れていました。
あの技はロマチェンコすら未体験。
スイッチヒッターとしての能力だけならスタンスを決めるクロフォードより上なのではとも感じました。

生まれた時代が違えば長期政権もあり得た選手だと思います。
時代が悪かった。
ロマチェンコとデービスが強すぎる。

ロマチェンコvsベドラサ 高純度の技術戦

-選手紹介
-,

Copyright© toe2toe , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.