NEWS

サーマンvsロペス 正真正銘、最後のチャンス

投稿日:

タグ: ,

ちょっと面白い、燃える話を紹介。

ロベルト・ガルシアは突如としてアンダードッグ達のトレーナーになった。
まずは1/26、サーマンと戦うホセシト・ロペスのコーナーにつく。
その後、ジャーボンテイ・デービスに挑戦するアブネル・マレス。
最後は弟マイキー・ガルシアvsエロール・スペンスのコーナーだ。

この中で誰が一番簡単な時間を過ごすのか。それはロペスのようだ。

ガルシア
「ロペスが最大のチャンスを持っているよ。」
ガルシアは記者会見の前に言った。
ガルシア「毎日ホセシトとジムにいる。4月からだ。発表される前からこの試合の為に取り組んできた。
ホセシトは本当にハングリーだ。今までチャンスはあったが短い期間だった。
今回は違う。肉体的に強く、そして強い動機付けがあるんだ。」

サーマンは怪我などで2年以上リングに上がっていない。
ガルシアはこれはチャンスだと感じている。

ガルシア
「サーマンは今不利な状況にある。
2年のブランク、スパーリングはおろかトレーニングすらまともにできていないはずだ。
マイキーは2年半のブランクの間の努力は絶やさなかった。
常に準備してきた。
2年のブランクは選手を変える。
どれ程ホセシトと戦えるか。

ガルシアは34歳のロペスがどれ程向上させてきたかを語る。
ガルシア
「彼は常に戦士であり、ファンを喜ばせてきた。常に相手に敬意を払い戦ってきたんだ。
今彼は素晴らしいチームと素晴らしいキャンプ、スパーリングパートナーに囲まれている。
モチベーションが高い。
彼は私に言ったんだ。
これが最後のチャンスだと家族と約束したんだ、と。
彼は私やチーム、周囲にいる人達に、そして自分自身に誓いを立てた。
このチャンスに全てを捧げるとね。」

ロペス、もう34歳ですか。
彼は諦めないファイトが信条です。ファンやプロモーターから信頼されています。
だからこそ敗けが多くともチャンスを得られた。
ラストチャンスと言うには老い過ぎたかもしれません。
しかしサーマンにもブランクがある。

これは千載一遇のチャンス。

アンダードッグロペスを応援します。


ブランク中マイダナとのスパーリング。
ガルシアのブランクは痛い。
これだけ完成されたファイターが試合ができない。
腐らなかったガルシアは凄いですよ。
スペンスと戦うモチベーションはこの期間に作られたのかも。

-NEWS
-,

Copyright© toe2toe , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.