観戦記録

観戦記録

リチャード・コミーvsイサ・チャニエフ 超野性児の悲願が成就

イースターやシャフィコフに負けはしていますが、場所が違えば勝っていてもおかしくない内容で、実力は王者級。 ドグボエを越える野性じゃないかと思います。 コミーのボクシングの魅力はその攻撃性です。 イースターのように守りに入ってし...
観戦記録

エレイダー・アルバレスvsセルゲイ・コバレフ ボクサーパンチャーの本領発揮

アルバレス顔怖いんだよな... こんなんに睨まれながら戦うの嫌だなあ。 初回コバレフはジャブと右ストレートでプレッシャーをかけ、軽いパンチを使い足場を固定せず動きながら戦います。 ダッキングするアルバレスをヘッドロックで封じめ...
プロスペクト

ライト級 プロスペクト テオフィモ・ロペス 12戦目

前回は圧巻の倒しっぷりを見せてくれたロペス。 今年は王者になると鼻息が荒い。 勢いはまし、自信を深め強さを増しているトッププロスペクトですが、この階級はロマチェンコ、一応ライト級ベルトを保持しいているガルシアというボクシングで最も高...
スポンサーリンク
プロスペクト

ローレンス・オコリー 11戦目 

オコリーはクルーザー級で196cmと上背だけならヘビー級の巨人たちと遜色ありません。 動きは洗練されている印書はありませんがこのサイズにものを言わせます。 この体格に合わせた技術を磨いており、なかなか手強い相手ではあります。 ...
観戦記録

アストン・パリクテ 全勝のプエルトリカン相手に逞しく復帰

本当に逞しいフィリピン人達 リナレスと試合をして惜しくも敗れたメルシト・ゲスタも全勝でKO率の高い相手に復帰戦。 パリクテはドローでしたが、ニエテスと激しい戦いの後でも全勝相手に復帰戦です。 きっと彼らの状況で優しい復帰戦など許されな...
プロスペクト

バージル・オルティス 全koを12に更新

スーパーライト級はまだ旧ソ連のものではありません。 アメリカに強いのがいます。 激戦階級で、この階級で王者になれるだけで特別な選手です。 岡田は厳しいと言わざるを得ない。 オルティスまだ二十歳のスター候補でスピード、パワー、...
観戦記録

ハイメ・ムンギアvs井上岳志 

気合いの入ったフェイスオフでしたね。 気持ちでは負けていません。 井上はガードを固め前進いとも簡単にムンギアに近づきます。 作戦通り乱戦に持ち込むつもりのようです。 ムンギアは足を使い横に動いて時折強烈なパンチを繰り出します...
観戦記録

ニヤンバヤルvsマレロ ハイレベルな挑戦者決定戦

ニヤンバヤルはモンゴルのプロスペクトでこれに勝てば王座に挑戦。 マレロ敗けがあるのが不思議なほど速く上手いサウスポー。 挑戦者決定戦に相応しい対決です。 決定戦じゃないみたいです。 所々看れませんが探せました。 ニヤンバヤ...
観戦記録

サーマンvsロペス マラソン+ボクシング=サーマン

自他共にラストチャンスを認め覚悟を決めてやって来たロペス。 2年半も試合をせずベルトを保持してきたサーマン。 スペンスとは戦いたくないという意志がひしひしと伝わってきてスペンスは最早諦めてしまいました。 サーマンはウェルター級での...
観戦記録

コウナツキvsワシントン 柔らかい体から繰り出す硬い拳

見た目ならワシントンの初回koです。 体も顔も強そうなワシントン、体も顔も優しそうなコウナツキ。 勝つのはどっちだ。 コウナツキは開始から前進して仕掛けます。 ワシントンの強そうなパンチを食いながらもお構い無し倍返し、いや3倍で...
プロスペクト

ロブソン・コンセイサオ 11戦目

30歳ですが長いアマチュアキャリアがあり王座を狙える実力者です。 どうやらスーパーフェザー級にコンテストのようです。 コンセイサオ素晴らしいシェイプですね。 独特のフォームとタイミングです。 すべてにおいて劣る相手にやりたい...
スポンサーリンク