スポンサーリンク

階級別の投稿

スポンサーリンク

階級について

47.62〜90.72kgの間に17階級あり、細かく分けられています。
ポンド表記をキログラムに変換しているので小数点以下細かくなっていますが、海外だと5か10のキリのいい数字が使われています。

ヘビー級

最近だと2m級の大男が当たり前となっています。
しかし素早く動け半分動物の域です。
ヘビー級の記事を読む

90.719 kg 以上

クルーザー級

185〜190cmくらいでしょうか。
ヘビー級では小さな選手の足がかり的な穴場階級。
この階級でベルトを穫れば防衛などせずすぐにヘビー級です。

クルーザー級の記事を読む
90.71 kg 以下

ライトヘビー級

まだ人間味のある階級でスピードよりはパワー寄りです。
最近はロシア圏がこの階級を席巻しています。
ライトヘビー級の記事を読む
79.38 kg 以下

スーパーミドル級

人気階級ミドル級の一つ上で無理してでも選手はミドル級で戦うので中量級でも意外と層は薄い。
王者は強力です。
スーパーミドル級の記事を読む
76.20 kg 以下

ミドル級

人気階級。
ビッグネームが多く試合を実現するのに金がかかりすぎ、停滞する傾向にあります。
ミドル級の記事を読む
72.57 kg 以下

スーパーウェルター級

人気階級のウェルター級とミドル級に挟まれて穴場でしたが、最近は強い選手が多い。
常に停滞気味のミドル級より競争は激しく面白いかもしれません。
スーパーウェルター級の記事を読む
69.85 kg 以下

ウェルター級

人気階級。
ミドル級同様に停滞しがち。
王者以上がこの階級の最高の舞台の切符ですが、王者までの道が色んな意味で険しすぎます。
ウェルター級の記事を読む
66.68 kg 以下

スーパーライト級

現在はかなり層が厚く最も競争が激しいかもしれません。
この階級で王者になって人気のウェルター級参戦というのが王道ですが、現在はウェルター級に負けない競争があります。
スーパーライト級の記事を読む
63.50 kg 以下

ライト級

人気階級。ヨーロッパやロシアの選手が増え始めます。
若く活きのいい選手が台頭してきており今後競争が激しくなりそうな階級です。
ライト級の記事を読む
61.23 kg 以下

スーパーフェザー級

この辺から日本人にも馴染みのある階級。
ライト級より層は薄くなります。
スーパーフェザー級の記事を読む
58.97 kg 以下

フェザー級

アメリカ市場ではぎりぎり大きな金が動く階級。
フェザー級の記事を読む
57.15 kg 以下

スーパーバンタム級

人気階級のフェザー級への足掛かりとする階級。
スーパーバンタム級の記事を読む
55.34 kg 以下

バンタム級

アジア圏の選手が主でヨーロッパなんかは少ない階級。
バンタム級の記事を読む
53.52 kg 以下

スーパーフライ級

ほぼアジアやメキシコで争われています。
スーパーフライ級の記事を読む
52.16 kg 以下

フライ級

アジアとメキシコの階級。
フライ級の記事を読む
50.80 kg 以下

ライトフライ級

かなり競争が緩やかになります。
ライトフライ級の記事を読む
48.98 kg 以下

ミニマム級

かなり層が薄い階級。
ミニマム級の記事を読む
47.62 kg 以下

正直ミニマムからフライ級はまとめた方がいいような気がする。

toe2toeのYouTubeチャンネル
toe2toeのYouTubeチャンネル
スポンサーリンク
とぉとぅぉとぉをフォローする
toe2toe – とぉとぅとぉボクシング
タイトルとURLをコピーしました