スポンサーリンク

ワイルダーvs オルティス ワイルダーとオルティスの武器

toe2toeのYouTubeチャンネル
ニュース
スポンサーリンク
ワイルダー「3ラウンド以内に倒す」
ワイルダー
オルティスを見たら3が浮かんできたんだ。
魔法の数字だ。
3ラウンドで倒す。
これまで有言実行してきた。
期待に応えてきた。
奴をノックアウトしてベルトを統一する。

鼻息荒いですねえ。
これがアメリカ流ですか?

ジョシュアは人気が出るに従い紳士的になりました。
英国では紳士が人気者になるんでしょうね。

閑話休題

ワイルダー
オルティスのことは何も心配してない。
力強さも感じない

確かにキューバ人らしく技術はある。
だけど俺には何の意味もなさない。
それを否定できるかどうかは奴次第だ。

俺がベストだと何年も言い続けてきた。
大きな試練を迎えるが、これはファンが望んできたものだ。
この試練をくぐり抜け、勝利の旗を掲げてみせる。

最近の傾向、試合になると意気消沈するワイルダーは見たくありません。
期待してますよワイルダー。

オルティス「ワイルダーは私を恐れている」
オルティス
ワイルダーは恐れすぎている。
彼の言うことはナンセンスだ。
これは私の試合だ。
皆さんに証明する。

ワイルダーの目を見たら分かった。
私はこの試合に勝つ。

キューバ人初のそしてアメリカ人以外のラテン系初のヘビー級王者になる。

土曜は歴史的な日になる。
勝って彼のベルトを奪う。
ワイルダーの失敗は喋り過ぎたことだ。

最大限チャンスを作り彼をノックアウトする。

これはテレビゲームではない。
そこにコントーローラーない、自分の足でリングインし、私と戦わなければならない。

オルティスはワイルダーが倒しに来ても足を使ってもいいように準備してきました。

オルティス
私のチームはワイルダーが何をしてくるか、に集中したトレーニングキャンプを行ってきた。
パンチャーだろうとランナーだろうと、ワイルダーがやりたいことが何であろうと準備をしてきた。

来たる夜には適応し変化しなければならない。
私は準備しそして経験してきた。

これは私のプロ、アマチュアキャリアを通して待ち望んで来たことだ。
こんなチャンスに恵まれるとは思っても見なかった。
明日は負けない。

私はベストだ。
そして何がベストなのか、それを明日お見せしよう

オルティスはアマチュアで400戦近い豊富な経験があります。
オルティスの懸念は彼の老い。
これがどれほどオルティスの力を奪っているかです。
スタミナの低下、ワイルダーのスピードに対する反応の低下、それを補うために少ないスタミナを消費します。それは後半へ備えてのスタミナ不足、そしてスタミナへの不安からくる積極性の低下。
すべては関係しておるてのすべての能力を奪います。

老いによる影響は枚挙に暇がないほどでしょう。

老い打ち勝つボクサー、アスリートはいます。
老いによる影響をオルティスの経験がどれだけ補いきれるかが鍵になります。

もう一つの懸念はオルティスかまブライアント・ジェニングス戦から雑魚相手に戦い、キャリアが停滞していたことです。
ワイルダーの動きを経験したことがあったとしても、動きを取り戻すのに時間がかかるはずで、その前にワイルダーのボクシング界最強の一撃に沈む。というとことも考えられます。
まずは守り。技、経験値ならオルティスが圧倒していますから無理は禁物です。

対してワイルダーの怖いところは勢い、今の彼は唯一KOできなかったスタイバーンをKO、王者になっても連続KOで防衛してきており気力は充実しています。
加えてジョシュアとの統一線へのモチベーション。
この精神の力がワイルダーの能力を余すことなく発揮させます。
アクセルを全開まで踏み込める、というのは勝負ごとにおいて最も重要なことです。
そのアクセルを踏み込む精神力、気迫がオルティスを飲み込むかもしれません。
オルティスがワイルダーの右に一瞬怯むかもしれません。しかしワイルダーにはその一瞬のすきでいいのです。
ワイルダーは素晴らしいフィニッシャーです。
少しでもすきがあればそのラウンド規定の時間内に終わらせることができるのです。

ワイルダーは打たれ強くありません
オルティスのパンチなら倒れます。
https://m.youtube.com/watch?v=3gpAcMBO-Uc

コメント

タイトルとURLをコピーしました