スポンサーリンク

6/24 パッキャオvsマティセ | ガルシアvsリピネッツ ロマチェンコvsリナレス 他

toe2toeのYouTubeチャンネル
ニュース
スポンサーリンク

正式発表はまだですが、パッキャオは報酬次第ではマティセと戦いたいようです。

体格差のない超高純度のボクシング勝負
パッキャオ

マティセの攻撃的スタイルならファンを楽しませられるよ。

それにマティセは汚いファイターじゃない。その点はとてもリスペクトしているよ。

汚いってもしかしてホーンのことですか?
オーストラリアラグビー仕込のタックルのことですかね?

Manny Pacquiao Highlights (Best Pacquiao Highlights)
YouTube

スピードvsパワーと言っていいのかな。
5年前ならもっとわくわくしたんだけどなあ。せめてベストコンディションで臨んでくれたら…

お互いにスーパーライト級がベストだと思いますので、今回はお互いの前戦のような体格差はありません。

昨今は当日の異常なリハイドレイトに辟易します。
合法的な方法とは言え、限度があるはずです。
当日10キロ以上、3階級以上も上回ることも過去ありました。
そりゃあ選手は勝つためになんだってやります。生活かかってますから。
運営が徹底的に規制しないといけません。
大事故に繋がりかねません。

体格差のほとんどない両者の試合は、パッキャオがベストコンディションという前提で、言うならば高純度のボクシング勝負。
お互いの技を競わせるボクシングの醍醐味を味わえます。

円熟味を増しているとは言え、マティセは積極的で、そのパンチは未だモンスターです。
パッキャオの技巧とスピードでどう封じ込めるかが注目ポイントになります。
判定ならパッキャオ、KOならマティセでしょう。

マティセは前回アジアの怪物テワ・キラム相手に力を残していることを証明しましたが、議員活動で忙しいパッキャオは練習しているのでしょうか。
全盛期は無尽蔵、核融合炉でも積んでるんじゃないかという運動量とスピード、テンポでしたが、ホーン戦では明らかに疲れました。

相手は怪物パンチャーのマティセなので、パッキャオのコンディション次第ではKO負けの可能性もあります。

パッキャオは元々マイク・アルバラードとクロフォード-ホーンの前座で試合予定でしたが、ファイトマネーが安いのと前座を銭ゲバマネージャー嫌がりました。

候補にはスーパーライト級タイトル戦を控えたホセ・ラミレスの名前も上がりました。
ラミレスは優秀なボクサーですから、彼との試合も気になります。

ボブ・アラムはトップランク所属選手としかやらせたがらないので、どうなるでしょうか。

パッキャオを追いかける男

マイキー・ガルシアはリピネッツについて以下のように語っています。

最早パッキャオとの対戦は目指していないかもしれませんが、パッキャオの偉業を目指して前進し続けます。

フェザー級くらいからキャリアを始めた軽量級のエリートボクサーにとって、ウェルター級を主戦場に大金を稼いでいるパッキャオは理想的なモデルケースです。

ガルシアもこの後を必死に追いかけます。

ガルシア

私のキャリア終わって振り返ったとき、この試合はビッグファイトへの扉を開けるものになる。

階級を上げてさらなるビッグネームを目指す。
そしてこの試合はその第一歩。私のモチベーションを高く保ってくれる。

キャンプでは全てをリピネッツに集中してきた。
私の前に立ちはだかる彼が何者かはわかっている。
彼はハングリーでタイトルを守りたい。
私と戦う意味は理解しているはずだ。

リピネッツは可能な限りのシェイプで仕上げてくる。
私への勝利が意味するものも大きい。
そしてそれを防ぐのが私の仕事だ。

このスポーツでのゴールは決めていない。
だけどさらなる階級アップとタイトルが必要だ。

キャリアの最後には全てを手に入れるに値する評価をされるだろう。

サンアントニオのような美しい街でこのショーができることを嬉しく思う。

試合を見に来てほしい。このボクシングの街で我々は素晴らしい夜を提供する。

このイベントではみんなが一番になろうとする。我々はハングリーで勝つためにここにいる。

MIKEY GARCIA LOOKING READY FOR SERGEY LIPINETS THREE DAYS BEFORE TITLE FIGHT DURING WORKOUT

 

リピネッツ

こんな機会に恵まれて幸せだ。
俺のキャリアを知ってる人なら分かるはずだ。俺は決して近道はしない。

世界タイトルのことじゃない。
俺がベストと戦うってことだ。
マイキーはそのチャンスをくれた。
俺は奪いに行く。

俺はこの2つの拳の力をを信頼している。
この右腕は飢えている。
そして土曜日の夜を食い尽くす。

俺は若く、ハングリーで優れたチームを持っている。
強く、速い。なによりこの試合に勝つために自分自身の全てを信頼している。

マイキー・ガルシアvsリピネッツは日本時間の日曜日です。

ランセス・バルテレミvsキリル・レリ
バルテレミ
初めてここサンアントニオで戦えることは嬉しいよ。
レリとの初戦は信じられないような打撃戦だったことはご存知でしょう。

議論の起こる接戦だった。
しかし今回はその疑いを消し去り、歴史を作る。

アクションの多い素晴らしいイベントになる。
サンアントニオのファンは素晴らしい。
そして素晴らしい試合を提供する。

ご存知の通り、キューバ人はボクシングにおいて豊かな伝統がある。
私のトレーナー、ホエル・カサマヨルはキューバ人初の3階級制覇を成し遂げた。

私は真実しか言わない。
レリは力強いパンチャーです。
その良さを消し去るようなことはしない。

レリと戦うまでキャンパスについたことはなかった。

土曜日の夜、彼をキャンパスに叩きつける。

バルテレミは今回チャーロツインズと見紛うほど、ど派手なヘアスタイルで決めてきましたねー。

気合十分楽しみです。

レリ

バルテレミと再戦できて嬉しい。
世界タイトルを賭けて戦う。

今回は新しいチームを迎えた新しいレリをお見せしましょう。

初戦では負けたとは思っていないが、ジャッジが決めることだ。

今回ジャッジの手は煩わせない。
チャンスを見つけたら倒しきる。

これはボクシングだ。
何が起こるか分からない。
二人のワールドクラスボクサーが世界タイトルを賭けて戦う。
私はベストで挑む。

見逃せない試合になる。

レリは2つの王座挑戦し敗れていますので、この試合は落とせません。
この激戦のスーパーライト級最前線に食らいついていけるでしょうか。

もう一人パッキャオを追いかける男ワシル・ロマチェンコ

ボブ・アラムはロマチェンコvsリナレスはテレビ局ESPN次第だといいます。
なかなか締結されない試合です。
ボブ・アラムは5/12の開催を譲りません。

しかし、ゴールデンボーイはHBOのカネロ-ゴロフキンの試合の再放送と競合するのでこの日は避けたい。
色んな事情があると思いますが、選手は振り回されて大変ですね。

ロマチェンコはビッグファイトを求め続けていますが、トップランクには彼と戦える選手はいません。
リナレスですら相手にならないと思います。

この辺の階級で体格差が無くロマチェンコと張り合えそうなのはマイキー・ガルシアくらいでしょうか。
体格差があればいるんでしょうが、私的にはそんな試合は興味はありません。

ロマチェンコの超高度なチェスゲームも好きですが、ガルシアの研ぎ澄まされた一撃も好きです。
旬である今、老いる前にやってほしいと思います。

パッキャオ-メイウェザーのようにおっさん二人の殴り合いは勘弁してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました