モズリー「カネロは完璧でなければならない」

toe2toeのYouTubeチャンネル
ニュース

再戦ではカネロ有利の声も多い中ゴロフキンとスパーリングを重ね、カネロと試合をしたモズリーは反論します。

モズリー
カネロはゴロフキンをアウトボックスし勝つために完璧である必要がある。
ゴロフキンは本気だ。
ゴロフキンはカネロのパンチに耐えられることを知っている。

カネロに試合を通して戦うことは不可能だ。
彼は戦う瞬間を選んでいる。

ゴロフキンは初戦の3ラウンドくらいまでペース奪われました。
この序盤からどんどん攻めることができればスタミナのないカネロは終盤トラブルがあるでしょう。
前半のカネロに打ち込むのはリスクはありますが、それだけの価値はありそうです。
問題はカネロはスタミナがどれくらい改善しているかですね。
私はそんなに簡単に改善できるとは思わないので、ゴロフキンがハイペースを維持しカネロの致命打を食わない限り、時間が進むに連れゴロフキンの勝率は上がると思います。

ゴロフキンの弱点はスピードとインサイド。
カネロはこの両方で大きなアドバンテージがあります。
インサイドなら恐らくどの局面でも制圧できます。それをやれないのはカネロにスタミナがなくインサイドでの打ち合いが持続できない。

ゴロフキンはブルック、ジェイコブス、カネロとスピードのある相手に苦戦しています。
攻撃のボリュームと強靭さで対抗していますが、そもそもの解決策を持っているわけではないようです。
もう一つの弱点はインサイド。
ゴロフキンは強烈なジャブで相手の動きを止めて右をセットアップする時間を作ります。
このジャブの執拗さと威力、正確さが生命線でインサイドになると当然これを活かすことができません。
ジャブから繋ぐパンチも遠心力を効かせて大きな弧を描きます。この得意なパンチは近い距離だと使えないか威力半減です。
ゴロフキンのボクシングは強力かつ正確無比なジャブによって支えられ、アウトサイドでの攻撃に最適化されています。

コバレフもウォードにインサイドを制圧されました。
ここでカネロが勝負できるならKO勝ちの確率が高い。

弱点とは言えゴロフキンはインサイドでも戦えます。頑丈さや精神力に関してはコバレフとは違います。
弱点を狙うにしてもカネロにその勇気があるかも重要です。

この試合のあとにサンダースvsアンドレイド、ジェイコブスvsデレブヤチェンコなどミドル級トップ戦線に動きがありそうです。

チャーロ、村田が最強争いに加わると盛り上がります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました