井上戦の前にパヤノ復習

toe2toeのYouTubeチャンネル
ニュース

日本にパヤノやレリが来てるみたいですね。
レリとトロヤノフスキーの試合は放送されるんですかね?

レリvsトロヤノフスキーなんてパンチャー対決やってくれたら普段ボクシング見ない層も興味持ってくれそうだけどなあ。

一応モレノにも勝ってるパヤノを適当に復習。

https://m.youtube.com/watch?v=cigu3PGIIwI&t=145s
足を使いながらしっかりとカウンターを奪います。

Payano vs Carranza FULL FIGHT: JANUARY 13, 2017 – PBC on Spike

この試合も同じようにカウンターを合わせます。
威力はありませんがいいタイミングでボディーブローをカウンターで合わせていきます。

vsウォーレン

12 ROUNDS BANTAMWEIGHT CHAMPIONSHIP BOXING , JUAN CARLOS PAYANO vs RAU'SHEE WARREN

ウォーレンの速さだとペースを奪うようなことはできませんが、被弾を少なく抑えてペースは奪わせません。
ウォーレンの速さは井上と同じか少し速く見えます。
パヤノはオーソドックス相手の方が力を発揮するのでオーソドックスのウォーレンならもっとできたはずです。
決定力はありませんがパンチを当てさせませんしただ逃げ回るような選手ではありません。
アマとプロで井上を大きく上回るキャリアがあり、どんな戦略を用意してくるのか楽しみです。

なんとなくパヤノの評価が低い気がします。
KOが少ないから?防衛回数が少ないから?ドミニカ人だから?
海外の記者さん達はパヤノ知らない、試合を見たことないんじゃないか?と疑いたくなります。

シーサケットがゴンザレス挑戦の時もこんな感じで、待て待てお前達シーサケット知らねえだけだろと。

正直で正統派のロドリゲス、分かりやすい一点突破のテテが人気で掴みどころのないバーネット、アロイヤンなんかは不人気です。
パヤノなんか眼中にありません。
印象で訴える強さはありませんがパヤノはなかなか曲者ですよね。

これを簡単に凌ぐようなら井上の強さは私の想像の外です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました