打倒井上 誰なら倒せんだよ

toe2toeのYouTubeチャンネル
未分類

wbssも終わってません。
でもあの衝撃はまだ体に残っています。
ボクシングの常識を超えた無敵時代のロイジョーンズを見ているような…

まだ早いと言われそうですけと、バンタム級最強の井上を止めるのは誰なのか、考えてみました。

今の井上は本物の怪物

ギレルモ・リゴンドー

恐らく筆頭にするファンも多いと思います。
一階級上のスーパーバンタム級元王者。
五輪2連覇、井上が怪物ならこいつは魔法使いか。

問題は彼の年齢と試合枯れ。
ロマチェンコの負けも影響するかも。

彼の全盛期はボクシングの宝でした。

★ Guillermo "El Chacal" Rigondeaux | Defence Tribute ᴴᴰ

アイザック・ドグボエ

当初はあまり評価していませんでしたが、マグダレノ戦で考えを180度転換しました。
初回にダウンを奪われながらも食らいつく勝ちへの執念と逆境を跳ね返す精神力、マグダレノのハンドスピードとパワーを攻略する野性、さらにあの勝ちに徹した相当手強いスタイルを力で捻じ伏せました。

井上相手にあの戦い方ができるなら、お互いにミスが命取りになります。

荒っぽいところはありますがしっかりと技術があり、何より生物として強い男です。

Isaac Dogboe – New Champ (Highlights / Knockouts)

vsマグダレノ

Isaac Dogboe vs Jessie MagdaIeno Fight HighIights

ルイス・ネリ

山中戦のコンディションが規定に基づいて作れるなら、強敵です。
ドグボエに近い選手で凶暴でスキを見せるとドカドカ殴ってきます。
コンビネーションが上手く、淀みなく強く速いパンチを打ってきます。
確かに攻撃中はスキがありますが、この攻撃にカウンターを合わせるのは勇気がいります。
少しでも躊躇すればマットに這わされます。

しかし瞬間的な速さは井上が確実に上なので強気に戦えば時間はかからないかもしれません。

Luis Nery – Future Champion (Highlights / Knockouts)

ノニト・ドネア(全盛期)

フランプトン戦を見ると期待は薄いのですが、願わくばキャリア最後の最後、全盛期のコンディションを作ってほしい。

ダルチニャン、シドレンコ、モンティエル戦は本当に衝撃を与えてくれました。
人間にこんなことできるのかと。

ドネアの衰えを見るのは怖くも悲しくもありますが、本当に最後であろう試合で完璧に仕上げてほしいと思います。

Nonito Donaire Highlights & Training Motivation HD

vsシドレンコ

Nonito Donaire vs Vladimir Sidorenko (Marca Tv)

vsモンティエル

Donaire vs Montiel – Fight of the Year Candidate

wbss制覇の前提です。
体格とか含めると多くなるので人気の選手に絞りました。
私が見たい試合といった方がいいですね。

コメント

  1. あな より:

    パヤノ戦を見る限り井上は対サウス、というより反対スタンスそれもクラシックよりのスタンスの選手との試合に限れば歴史上最強、全てのボクサーを序盤ko出来るように感じました
    例外はプロボクならリゴただ一人
    井上と同じグローブタッチと誘導において圧倒的な多様性を見せそして井上より遥かに速いクイックネス
    恐らくはリゴが終始リングジェネラル湿布握る展開にはなると思います ドネア戦のように完封される恐れもあるしなによりここで井上のグローブタッチがほかにどれ程の幅があるのか膠着したときにパンチを捨てれるのかを査定したいです
    が、井上のあのジャブをあの角度から効かせられるやつは多くはないだろうし何より歴史上の誰も打てないそのあとの右がある=セオリーの外にいる訳です ちなみにこれが理由で自分は対パックなら井上だと思います
    恐らく普通のサウス戦とはうって変わって壮絶なインの取り合い、騙しあいになるとおもいますけどリゴの左ボディも強烈な抑止力ですからどうでしょうね
    ちなみにパヤノ戦では完璧な距離の維持とインからの瞬殺を警戒したパヤノに対する待ちしか見せてないので同じことをされる側になったとき組み立てはどうするのかも気になりますね パヤノだってあのままじごくのぷれっしゃーのなかで早まらず井上のグローブタッチを無視し続けられたらまだ何があるかわからないですし 何より井上の生の右に対しては自信があるということでしょうし
    と言うわけで井上が駆け引きにおいて目を見張るクオリティを見せた初めての試合だと思いますし強さの評価も爆騰しましたが別のこめんとのかたとおなじくやはり自分は好きなタイプではないです…
    この試合まではネリが山中2で見せた横をとるアウトボクス攻略出来んのか?と思ってましたがあのジャブを打てるなら問題ない気がします
    ドネアがサウスだったら左フックは一度も打てない打ったら逆にカウンター取られると思いましたがよく考えたらドネアはオーソでした
    自分は対オーソの井上についてはボワイヨ戦以降の指し会わない足を使いすぎない中央とるボクシングに変えて以来評価はしてますけど実力はまだ分からないです
    ネリ山中は同じスタンス同士で珍しいほどインに入ってましたけど井上もああいうことが出来るのか
    井上に対する回りの評価を考えればここで全盛期ドネア倒しときたいですね…
    しかしその場合はバーネット初回敗退…
    トーナメントは興奮と勿体無さの板挟みです笑

  2. 一瞬のマ夏 より:

    ドネアの仕上がりが最高だったならなぁと切に願います。が、時の流れは残酷ですからねぇ特にスポーツ、特に格闘技系は。
    私は何度か別のサイトとかでWBSSにはリゴが必要とコメントしてましたが今更本当に思います。正直、井上の試合を見て他の面子を考えるとWBSSの興味はほぼなくなりました。
    あとはドネアの仕上がりだけかなと。バーネットに関しては個人的にはテテやロドリゲスにも勝てないだろうと思っていますし、8人中、パヤノ・バーネット・最近の試合だけを鑑みたドネアは劣るのでは?と思っていました。それもパヤノとドネアは年齢を加味してです。バーネットは確かに上手いのですがテテにしてもロドリゲスにしても井上にしてもスピードとパンチの両方を合わせ持っています。こういう相手にバーネットのディフェンスは12Rは機能しないと思います。どこかで捕まる。ポイントメークする為の動きが命取りになるとも思います。
    ドネアもバンタムで閃光が再び光るなら捕まえておかしくないです。フィジカル差にも注目です。ドネア168センチリーチ173、バーネ163センチリーチ168センチ。ドネア、自分より小さい相手はとことん強いイメージです。

タイトルとURLをコピーしました