打倒PFP 不撓不屈のべナビデス

toe2toeのYouTubeチャンネル
ニュース

mypfp2位にランキングしているクロフォードに挑むは不撓不屈のヘナビデス。
怪物候補、スーパーミドル級王者デビッド・ヘナビデスの弟です。
http://fight-info.work/2018/09/23/%e6%9c%80%e5%bc%b7%e3%81%ae%e3%83%9c%e3%82%af%e3%82%b5%e3%83%bc%e8%aa%b0%e3%81%a0%e3%80%80my-pfp/
彼は事件に巻き込まれ右足を負傷しボクシングを諦めるように医者に言い渡されました。しかしべナビデスは自らの拳で未来を切り開きます。

ヘナビデス
かなり手荒かったよ。
まず言われたのは「あと2年は歩けない」ってことだ。
後はことが運ぶのを眺めるだけだったね。
あんまり気分のいいものじゃない。
だけど俺は強くあり続けた。

周りの人達に励まされながら人生の谷を味わったんだ。
そしてより強くなって帰ってきた。
精神的、肉体的にね。
何より賢くなったんだ。

もしも弾丸ですら俺を止められないなら、クロフォードが止められるわけないだろ?
俺は一度死んだようなもんだ。そうだろ?

俺の足が100%になるなんて思ってない。
いつだって痛むよ。
だけどそんなこと気にしていられない。
リングでの仕事に集中する。
試合の後は痛むんだ。
だけど、試合の間は何も感じない。 
この熱い瞬間だけはアドレナリンが止まらない。

クロフォードがただ嫌いなんだ。
クソみてえな話ばかり。
ヒスパニックとメキシカンのこと差別してる。
やつから始めといて無実のフリだ。
俺にはヒスパニックも白人も関係ない、俺のファンは全員大切にする。
誰が上かなんて考えない。

それでもあいつだけは嫌いなんだ。
土曜の夜あのクソ野郎を叩きのめす。

撃たれて分かったこともある、時間は決して誰かのためにあるものじゃないってことだ。
時間は止まってはくれない。
医者はボクシングはもうできないと言った。
だけどそんなの俺ができないと思う理由にはならない。
何が何でも俺はやる。
それが俺のモチベーションなんだ。

他にも気がついたこともある。
この人生で本当にやりたいことだ。
ここにいる理由だよ。

苦しいトレーニングに耐えてきた。
そして事件から2つのノックアウト勝利を手に入れた。
誰が相手でも構わない。

90kgに近い弟とスパーリングをしてきた。
スーパーミドル級で一番強い男だ。
クロフォードが怖いかって?
やつに何ができる?リングに枕でも持ってくるか?
あの事件は俺を強くしてくれた。

それにそっちのほうがドラマチックで面白いだろ?

ヘナビデスは銃で右足を打たれ絶望的な状況から立ち直ってきました。
弱い選手ではなく全勝の強い男です。
しかし相手はPFP。
ここでは何度も書いてますが、時に精神は技や肉体を凌駕します。
それがボクシング、スポーツの醍醐味でありファンの心を動かします。
地獄から這い上がってきたべナビデスの覚悟に注目ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました