ジェイコブスvsデレブヤチェンコ ミドル級覇権争い

toe2toeのYouTubeチャンネル
ニュース

今週末です。ジェイコブスの仕上がりは強烈です。
ミドル級リミット限界まで筋肉を搭載し体格の利を活かすジェイコブス相手にデレブヤチェンコの機動力の利がどれだけあるか。

ジェイコブス
リングの上では私の方がより強靭なミドル級だと感じている。
心理的に言えばトップレベルと12ラウンド、ソリッドに戦ってきた私はそれらを私のバンクに蓄えている。
ガスタンクは充填されているってことさ。

最近ジェイコブスは相手のレベルが上がりKOがありません。しかし3戦連続で全勝の選手。
彼は理想を実現する為のリスクを負い、全勝選手との連戦で自信を深めています。

爆発力が強烈ななのでKOは多いですが、やや慎重なところもあり、勝ちに徹します。
頭が良く勝つ方法を知っていると言うべきでしょうか。
エイリアス、スレッキと確実に相手のレベルを上げて力を証明しています。
カネロとの対戦も噂されていますが、まずこの相手に勝たなければなりません。

デレブヤチェンコ
12ラウンドの判定でも構わない。その準備をしてきた。
だが、当然試合を早く終わらせたいとも思っている。
常に私はそうだ。そしてボクシングファンはさらにそれを求めている。
ファンが求めるものを提供したい。

KOは起こるべくして起こる。
鍛え上げたコンビネーションを放ち、そのの成果がノックアウトになるんだ。

ロマチェンコとウシク筆頭にウクライナの活躍が目立ちますが彼もウクライナ式ボクシング。
ジェイコブス相手にこのスタイルの強さを証明できるでしょうか。
パワーとスピードはジェイコブス。
機動力とテンポ、攻撃のボリュームはデレブヤチェンコ。
面白いスタイルマッチアップです、

コメント

タイトルとURLをコピーしました