柔よく剛を制す wbssスーパーライト級

toe2toeのYouTubeチャンネル
ニュース

イートはスウェーデンです。また間違えていました。
明日はガチンコの試合が多いですね。
技術を見るのも面白いですが、やっぱり意地と意地の激突、命を燃やすような試合が見たい。

Erik Morales vs Marco Antonio Barrera Highlights

攻防が目まぐるしく入れ替わり最後まで誰が勝つのか分からない、瞬きも呼吸も忘れる試合が見たいなあ。

WBSS Season 2 Quarter-Finals – New Orleans: Weigh-In

さあ明日のwbssスーパーライト級トーナメントは分かりやすい。
剛vs柔、豪腕vs技巧、野性vs理性。
色んな表現ができます。

これまでのところ下馬評は剛に傾いています。

イート
戦争だ。それ以外はない。
勝つためにここにいるんだ。
ビースト(バランチクのあだ名)を狩ってやろうじゃないか。

バランチクが勝つなんて言ってる自称専門家共は俺のことは何一つ知らないみたいだな。
だが一つ言わせてくれ。

奴らはヨーロッパから来た俺のことを知らないだけだ。
バランチクは先にアメリカで戦っているに過ぎない。
驚かせてやるよ。

バランチクは力強く強靭な肉体をしていますが、大味なボクシングでいくらでも空転させるスキがあります。

ただしその時に求められるのは気迫の溢れるバランチクの攻撃を迎え撃つイートの勇気。
バランチクは上手いだけの相手なら押しつぶします。

フラナガン
待ちきれない。
俺は元王者であり、5度防衛している。忘れないでくれ。
ベルトを国へ持ち帰る。
そのための経験があるし、そのためにここに来た。

アウェイでの試合、望むところだ。
楽しみだよ。そしてテリー・フラナガンが勝つ。

怪物の風格すら漂うプログレイスですが、まだ証明することは沢山あります。
フラナガンは圧倒的不利、しかし元王者の経験と長身、スピードを活かして戦うようです。

バランチク
私は若く、ハングリーでビーストだ。
戦う準備はできている。
エキサイトしているよ。

これはチャンピオンシップなんだ。

戦いたいの意味が汲み取れなかったですが、絶叫し気合は十分。

プログレイス
ぶちのめす

一言。
地元のファンを前にこちらも気合十分。

全員グッドシェイプ。
彼らは真のスーパーライト級です。

楽しみだ。
柔よく剛を制すか、それとも剛よく柔を断つ

コメント

タイトルとURLをコピーしました