井岡vsニエテス 日本の技vsフィリピンの技

toe2toeのYouTubeチャンネル
ニュース

日本で放送すんのかな?
Superflyはなくなったの?
主役のシーサケットがoneに忙しいし、今のところ彼意外は軽量級の範疇を越えるようなエキサイトメントはありません。
この前ダウンもしてたし疲れていたしシーサケットの狂暴さにも陰りが見えはじめました。
他にはこの階級に目ぼしい選手はいませんね。
最近冴えないアンカハスくらいかなあ。

Superflyの理念はwbssが引き継いでいるので用無し感すら漂い、本来の階級に逆戻りしています。
ゴンザレスが築き上げたものはしっかりと井上が引き継ぎました。

そんな現状の階級にプロモーターの利害関係まで持ち込むのでもっとややこしい。
今シーサケットとアンカハスが戦わずして誰がこの階級に引力をもたらすのか。

果たして日本のテクニシャン井岡に牽引できるのか。
井岡は野望を胸に棘に道を突き進みます。

前回のアローヨに続きタフな相手フィリピンのテクニシャンニエテス。
wboのベルトを奪い合います。
お互いにミニマムから上げてきました。
ボクシングもやり方は違えどコンパクトなボクシングが信条。
ニエテスはパリクテと引き分けましたが私は彼の勝ちだと思っています。
あの体格差を克服する技は見事の一言。
拳はニエテスの1.5倍くらいありました。

井岡も負けていません。
実力者アローヨからダウンを奪い大差の勝利。
何より日本で戦っていたときとは気迫が別人。
アメリカデビューでは十分な力を発揮しました。

若さサイズで勝る井岡か経験で勝るニエテスか。
井岡にはこのままシーサケットを退治してもらいましょう。

コメント

  1. 一瞬のマ夏 より:

    これこそ井岡にとって厳しい相手ですよね。私はずっと井岡ファンで見続けてきました。
    前回で井岡が大きくファイトスタイルを変えたとは思っていません。
    ただ打たれるリスクを持ちながら打ち合う時間を増やした、という感じでしょうか。
    右のクロスもかなり狙っていました。ですが、やはり井岡は上下の打ち分け、左のボディと右のボディストレートで下への意識を持たせてというのが攻撃の基本だと思いますが
    このニエテス。相性で言えば悪い方でしょうね。身長が低いのに低い構えでガードも高くリーチが長いのか肘でボディが隠れる感じ。そしてパンチは速くて重そうで序盤でも当たればそこから一気に畳み掛けてきます。これを空転させてボディを入れれるか?恐らくニエテスはボディが弱いんじゃないかと思っています。いつかのアムナトのように
    最初に踏み込みにくくさせられると厳しいでしょうけど、どうでしょうね。
    楽しみです。が、懸念しているのは前回の試合後の姿。顔が相当腫れていました。ニエテス相手にどう戦うか?非常に難しく悩ましいですね、、、。

タイトルとURLをコピーしました