バーネットvsドネア もう一度あの閃光

toe2toeのYouTubeチャンネル
未分類

前日計量ではバーネットの方が上半身が大きく威圧的、ドネアは絞れていますが細いです。当日はバーネットがでかいでしょう。
https://m.youtube.com/watch?v=9JFoojHwluI

バーネットは左をだらりと下げてリラックスした構えから速いジャブ、一瞬ドネアの視界を奪ってワンツー。
対照的にドネアはがっちり構えてプレッシャーをかけます。
やや固いか?
初回終わりにロープ際での攻防ではやはりパンチはドネアを印象づけました。
バーネットも感じ取ったことでしょう。
スピードなら踏み込みも込みでバーネットが上回っています。
攻防の速さはややドネアでしょうか。

2回からドネアはエキサイトして雑に攻めます。
浅いですが食いながら前進。ロープに追い詰めると逆襲します。
敵地なので判定は考えていないのかもしれません。
ロープでは迫力はありますがバーネットのムーブメントが上回り無効化されています。
浅いとはいえダメージを蓄積させているにはドネアです。

バーネット出入りの速さはを活かしてワンツー、ダイレクトライトなど様々な動きでドネアのカウンターに的を与えません。冷静です。
コーナーから戻る度に自信を取り戻し動きが力強くなるのでブースが上手く励ましているのかもしれませんね。

結末はあっけない。
バーネットは優勢に見えました。しかし背中の怪我ですか…
長引かなけれいいんですけどね。
復帰してまたバンタム級を盛り上げてください。

ドネア、コンディションは悪く見えませんんでした。スピードは以前のようにはいきませんがパワーはある。
ただし戦いそのものは変わっていません。確かに彼に言うようにエキサイティング。
面白いですよ。
でも雑で強引。井上なら致命的な欠点と言えるでしょう。
ドネアはゾッとするようなタイミングを持っています。
私が見たいのはそれです。
もしかしたら加齢によりできないのかもしれません。

次はテテです。こんな戦い方は怖い。
ドネアが勝って嬉しい、でも本音はシドレンコの時のボクシングです。
あれが見たい。

Nonito Donaire vs Volodymyr Sydorenko

コメント

  1. 一瞬のマ夏 より:

    ドネア、一度上げたウエイトをよく落として仕上げてきていましたね。ただ計量時はちょっと疲れたように見えていたので心配でした。試合も何か最初、勘を取り戻そうとしているような感じもしましたが、仰るように戦いそのものは変わっていないですね。
    初回のコンパクトにしていると危なげなくて大丈夫かな?と思いましたが、やはりドネアは攻撃的ですよね。やや雑にも見えますがそこが相手にとっても落とし穴で肉を切らせて骨を断つ カウンターという閃光の瞬間。 でもバーネットのいきなりの右は対応出来ていなかったですね。でも曲がりなりにも王者相手に通用しない雰囲気はありませんでした。安心です。次戦はもっとバンタムにアジャストしてくるんじゃないでしょうか。
    恐らくKO決着になるかと思いますので楽しみです。
    バーネットは、、、あれでパンチがあれば素晴らしいのでしょうけどKO率の低さからそれほどではないのでしょうか。KOでなくてもダウンをよく奪っているのならパンチがあるのでしょうが試合をそこまでカバーしていないのでよく分かりません。あのスタイルでの出入りのスピードの効いた変則的なパンチならダウンは奪っていそうですが、そうでないならあまり先は無いのかもしれないなぁと思いました。少なくとも他の王者には通用しなかったように思いました。
    それにしても改めてリゴの凄さが分かったようにも思いました。

  2. Viconia より:

    世間では「偶然の故障によるバーネットの棄権により、ドネアが勝ち上がった。」ような論調がほとんどですが、ドネアの左ボディーフックが原因であると分析している方もいらっしゃいます。
    https://www.youtube.com/watch?v=1sMJ91Vmr2Q(問題の動画)
    https://www.youtube.com/watch?v=hzP0qiN0So4(ドネアvsバーネットfull)
    https://kiwi-english.net/16960(“hip” の本当の意味は?)
    ・3R 2分35秒にドネアのカウンターの左ボディーフックがバーネットの腰をとらえる。(低く重い音が響き、バーネットが痛みで顔を歪めているのが分かります)
    ・その後、3R終了までバーネットは右を一発も出さない。
    ・バーネットが3R終了後セコンドに、「My hip,I can’t move it.It hurts because I caught a shot there…(腰にパンチをもらって、痛くて動かせない。)」と言っている。
    ・4R開始から40秒間、バーネットは右を一発も出さない。
    ・その後もバーネットは右をほとんど使わず、ジャブを出しながらドネアの周りを回るばかり。
    ・左だけではドネアを抑えきれないと思ったのか、右を強振しようとして腰の右側面を抑えてうずくまる。
    試合の動画から、上に指摘したことは確認できます。
    バーネットの脚を奪おうとしたドネアの左フックがバーネットの腰を破壊した、という説は十分信憑性があると思うのですがいかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました